診療メニュー
その他

診療時間:11:00~21:00 最終受付 20:30
休診日 :不定休
※詳しくはお問い合わせください。

メールで相談・予約
診療メニュー
お問い合わせ

下まぶた治療(脂肪取り)

下まぶた治療(たるみ取り)
  1. 美容整形・美容外科
  2. > 目もとの若返り治療
  3. > 下まぶた治療(脂肪取り)
FGF組織再生療法
———-

下まぶた治療(脂肪取り)とは

下まぶたが膨らんでくると、疲れているように見られることが多く美容的に問題となります。

下まぶたの脂肪が目立ってくるメカニズムは、加齢により眼球を支えている(Lockwood)靭帯の支えが弱まり、眼球が下垂することにより眼球を包むように存在する眼窩脂肪が押しつぶれるように眼窩内からはみ出していきます。 そのはみ出した眼窩脂肪を減量する治療は、2種類のアプローチが可能です。

下まぶた脂肪取りとは

経結膜的アプローチ

この方法は、比較的若年層で皮膚のたるみが少なく、はみ出している脂肪もそれほど多くない人に適用されます。

下まぶたの裏側(下瞼板下方の瞼結膜)を切開して、眼窩脂肪に到達する方法です。
基本的に脂肪切除のみを目的とするので、皮膚切除は行いません。
図1のように裏側からアプローチしますので、傷が表面に出ず、皮下出血斑も比較的少ない点が利点となります。
術後稀に、結膜浮腫(白目の部分が浮腫む)や充血(白目の部分が赤くなること)が、1週間程度続く場合があります。

経結膜的アプローチ

経皮的アプローチ

この方法は眼窩脂肪が多く、脂肪を取り除いた後にたるみが残存してしまう場合や下まぶたのたるみが多い場合に適用されます。

この場合、下まぶたの余剰な皮膚を切り取る必要があるので「下まぶたのたるみ取り」の一連の操作の中で行うことになります。
図2のように経皮的アプローチの場合は、 下まぶたの睫毛の下約2mmをまぶたに沿って切開し、摘出時に下まぶたを翻転させないので、術中に眼窩脂肪が解剖学的に正しい位置のまま観察できますので、経結膜的アプローチに比べ正確な除去量を決定できるという利点があります。

経皮的アプローチ
———-

3つのPOINT

POINT1

自然な目もとの仕上がりの秘訣

デザインは、坐位、臥位の状態でチェックしていくので、お客様のご希望の美しい目もとに近づけることが出来ます。

POINT2

極めて痛みが少ない秘訣

手術時における痛みを最大限に緩和するために、ルネッサンス美容外科医院では多段階麻酔を行っております。注射そのものの痛みに苦痛を感じる方も多く局所麻酔単独で行うよりも、塗布タイプの麻酔薬をまぶたに塗ることで、麻酔注射の際の皮膚への痛みは完全になくなります。
まぶたの裏側の結膜側の麻酔は事前に点眼麻酔薬を使用するので、結膜側への麻酔注射もほとんど痛みがありません。

POINT3

術後の腫れ(ダウンタイム)が少ない秘訣

お客様の”美しさ”を創るため、最大限の手術を行い、 術後のライフスタイルを満足して過ごしていただけるよう、 高レベルの仕上がりをご提供いたします。
二重切開法の場合、従来の二重術に比べて腫れは1/4程度で1~2週間程で落ち着いてきます。(個人差はあります)

———-

施術の流れ

1. カウンセリング

ご希望の目元のイメージをお話ください。 カウンセリングでは医師がまぶたを観察、診察し、その人のまぶたで可能な施術を提案します。


2. デザイン

カウンセリング後、医師が最終的にデザインしマーキングしていきます。
坐位と臥位でデザインを入念に行うことよりお客様のご希望の目もとに、近づけることが出来ます。確認後、手術の準備をしていきます。


3. 麻酔

まぶたの皮膚に塗布タイプの表面麻酔薬を塗ります。さらに点眼麻酔をします。
そのあと、皮膚の表面とまぶたの裏側に麻酔をかけます。この時既に表面麻酔薬と点眼麻酔薬が効いているのでほぼ痛みはありません。
処置後のむくみを最小限にするため麻酔薬の量も必要最小限にしますが、もちろん処置中の痛みはありませんのでご安心ください。


4. 治療

麻酔がかかったのを確認し、手術を開始します。
手術にかかる時間は、両目で約60分程度で終了します。


5. 再診

1週間目抜糸、1ヶ月目に術後経過を観察させて頂きますので、ご来院ください。


———-

アフターケア

◆手術当日は眼鏡やサングラス、帽子などをご持参頂くことをおすすめします。
コンタクトの場合は、当日から装着可能です。但し、浮腫等で装着時に違和感がある場合は2~3日外して様子をみてください。

◆洗顔・目元以外のメイクは当日から可能ですが、1週間程度まぶたを強くこすったりなさらないでください。 目元のメイクは1週間時の抜糸後から可能です。

◆手術後1週間は飲酒はお控えください。

◆入浴は、当日から可能ですが、熱いお風呂や長湯は皮下出血やむくみが強く出る可能性があるので症状がある間はお控えください。

◆手術後1週間以降に抜糸にご来院ください。抜糸後、切開したラインはやや赤みを帯びていますので、紫外線予防をして色素沈着を起こさないように注意してください。

———-

院長メッセージ

ルネッサンス美容外科院長

ルネッサンス美容外科院長 曾我部コウ

加齢により目立つようになってきた「下まぶたのふくらみ(a:目袋/eyelidbag)」は、多くの女性の悩みになっています。
インターネットで検索してみても下まぶたのふくらみ(a:目袋/eyelid bag)の原因について様々な民間療法が出てきます。例えば、

「目もとの皮膚の水分量の減少によるもの」⇒保湿によるケアを推奨するもの

「目の周囲の筋肉の老化によるもの」⇒筋力を回復させる低周波治療、または 治療器の購入を推奨するもの

「リンパ貯留によるもの」⇒リンパマッサージを推奨するもの

など…医者の目から見れば上記の原因論とその対処法も必ずしも「的外れ」とは言えないのですが、それは持続的に改善できる対処法になり得ないことは確かです。

それは、「下まぶたのふくらみ(a:目袋/eyelid bag)」というものが単純に何か1つの原因によるものではなく、「眼窩周囲一連の組織の弱まり(attenuation)により視覚化されたも」のというのがその実体だからです。その中で、眼窩脂肪の眼窩からのはみ出し(pseudoherniation)・逸脱(prolapse)が原因論の中心にあることは事実ですが、それに伴う周辺組織の変化にも視覚的に大きく影響されます。[下まぶたのメカニズム]

下まぶたを含むA:midcheekと呼ばれるエリアは靭帯の存在による「不動部分」と表情形成、咀嚼運動などで必要となる「可動部分」の存在により、加齢による周辺組織の変化は複雑多岐に渡ります。
⇒[院長ブログ:mid cheekの加齢による変化とその原因]

逸脱脂肪の量が少なくてもa:目袋/eyelid bagとb:Malar segmentの境界となるB:Palpebromalar grooveやa:目袋/eyelid bagとc:Nasolabial segmentとの境界であるC:Nasojugal grooveが視覚的に明らかになってくると、下まぶたのふくらみは目立ちはじめます。

さらに、a:目袋/eyelid bagにおける皮膚のたるみ、弛みの程度、b:Malar segmentにおける「Malar mound」の視覚化なども大きく影響してきます。また、東洋人は下睫毛の際のふくらみである「涙堂」(Orbicularis prominence)が発達していることが多く、笑った際に下まぶたのふくらみとの境界を中心に二段の膨らみが生じてしまうことも、「下まぶたのふくらみ(a:目袋/eyelid bag)」の存在を強調させる要因となります。
つまり、「 下まぶたのふくらみ」に対する治療法は外科的には眼窩より逸脱した眼窩脂肪を切除するだけでは改善しません。

a:目袋/eyelid bag周辺で視覚的に明らかになってきたB:Palpebromalar grooveC:Nasojugal grooveの溝を埋めるなどの治療も必要になってくることもあるのです。
この「溝を埋め」てこのエリアを全体的になめらかにするには、眼窩脂肪を利用(orbital fat repositioning)したり、肌再生FGF注入療法(線維芽細胞成長因子)が利用可能です。

以上のように、 下まぶたのふくらみ(a:目袋/eyelid bag)」 の原因論は非常に複雑です。保湿・リンパマッサージ・低周波治療による表情筋運動などの民間療法では、短時間改善したとしてもその持続性(sustainability)は全く期待できません。

———-

よくあるご質問

Q.洗顔、入浴はいつからできますか?

手術後は患部を冷やしたり、圧迫することで血流が悪くなる為、何もせず様子を見て下さい。むくみがあると何か対処したいと考えてしまいますが、当院では腫れ止めも処方しておりますし、むくみは時間経過とともに必ず改善するものですのでご安心下さい。


Q.遠方から来院する場合、手術当日のみの来院で大丈夫ですか?

手術後は、1週間後に抜糸を行いますので来院が必要です。基本的には1ヶ月後、3ヶ月後の経過観察の為来院をお願いしておりますが、やむを得ず来院が難しい場合1ヶ月以降に関しては、お電話で対応させて頂くので、経過を教えていただければと考えています。経過中にご心配なことは、お気軽にご相談ください。


Q.片側ずつでも手術はできますか?

もちろん片目ずつでも手術は可能です。しかしラインの左右差が出ないように、初めに手術したお目もとの腫れやむくみが落ち着いてからになりますので、早くても1週間はおいていただいております。

———-

施術費用

→ 費用についてはこちらをご覧ください
———-
お問い合わせ
———-

目もとの若返り治療 施術一覧

———-

ご予約・ご相談 11:00~20:30
078-862-6500
03-6262-6875