診療メニュー
その他
神戸院
東京院

診療時間:11:00~21:00 最終受付 20:30
休診日 :不定休
※詳しくはお問い合わせください。

メールで相談・予約
診療メニュー
お問い合わせ

下まぶた治療(たるみ取り)

下まぶた治療(たるみ取り)
  1. 美容整形・美容外科
  2. > 目もとの若返り治療
  3. > 下まぶた治療(たるみ取り)

下まぶた治療(たるみ取り)

ルネッサンスの下まぶた治療(たるみ取り)

加齢によって、下まぶたには様々な変化が生じます。皮膚の弾力低下によるちりめん皺や皮膚・眼輪筋・眼窩隔膜など一連の組織の緊張低下による下まぶたのふくらみなどが主な症状です。
様々な症状に対し適切な処置方法を選択します。余剰の皮膚の切除や、眼輪筋の引き締め、必要に応じて眼窩脂肪組織の切除、移動等を行います。
「下まぶたのたるみ取り」は単に「伸びた皮膚を切り取る」だけのの処置では無く、上まぶたのたるみ取りと同様に「いろいろな手術操作を含んだ下まぶたの若返り治療」と言うことができます。

———-

院長メッセージ

下瞼の加齢による変化は、mid Cheekを構成するsegmentのひとつとして周辺組織と連関した変化としてとらえることが大事だと考えます。



上図の水色の線で囲まれている部分をmidCheekと呼びます。
このmid cheekは、その下層に存在するligament(靭帯)によって、さらに3つのsegmentに分割できます。
これらの境界線は、右頬で言うとアルファベットの「y」の形になっています。
このligamentは強力に骨に固着しているため、midcheekの加齢による表層組織の下垂により、ligamentに一致する部位で垂れさがるようになり、あきらかな「Groove(溝)」として認識されるようになるのです。
若いころは、このmid cheekにこれらの溝が認められることは少なく、あたかも分割されていない、1つのsegmentとして錯覚してしまいます。このgroove(溝)の形成が、下瞼を含めた「mid cheek」の老化を表現するものなのです。

ルネッサンス美容外科院長

ルネッサンス美容外科院長 曾我部コウ

———-
お問い合わせ
———-

ルネッサンスの下まぶた治療(たるみ取り)の3つのポイント

POINT.1 自然な目もとの仕上がりの秘訣

デザインは、坐位、臥位の状態でチェックしていくので、お客様のご希望の美しい目もとに近づけることが出来ます。

POINT.2 極めて痛みが少ない秘訣

手術時における痛みを最大限に緩和するために、ルネッサンス美容外科医院では多段階麻酔を行っております。注射そのものの痛みに苦痛を感じる方も多く局所麻酔単独で行うよりも、塗布タイプの麻酔薬をまぶたに塗ることで、麻酔注射の際の皮膚への痛みは完全になくなります。 まぶたの裏側の結膜側の麻酔は事前に点眼麻酔薬を使用するので、結膜側への麻酔注射もほとんど痛みがありません。

POINT.3 術後の腫れ(ダウンタイム)が少ない秘訣

お客様の”美しさ”を創るため、最大限の手術を行い、 術後のライフスタイルを満足して過ごしていただけるよう、 高レベルの仕上がりをご提供いたします。

———-

料金表

下まぶた治療
たるみ取り術
両目 ¥300,000
———-
お問い合わせ
———-

目もとの若返り治療 施術一覧