フェイスリフト(顔のたるみ取り術)|ルネッサンス美容外科

フェイスリフト(顔のたるみ取り術)|ルネッサンス美容外科

お電話でのご予約はこちらをクリック
078-862-6500

フェイスリフト(顔のたるみ取り術)

フェイスリフト(顔のたるみ取り術)

  1. ホーム
  2. >フェイスリフト(顔のたるみ取り術)

顔のたるみの外科的治療について

最近では若返り治療技術の進歩により、従来のフェイスリフトだけではなく、糸によるリフト治療が主流となりつつあります。特殊な糸を使い、頬・目の下のたるみ・アゴ・首などのシワを解消します。また、金の糸を使用した金の糸美容術も人気です。

----------

ショッピングスレッドリフト治療

極細糸が自然に吸収される安心治療

◆直後より効果を実感
◆長期持続(5~12 ヶ月)
「美容鍼灸(美容針)の原理」を応用し、コラーゲンの生成、肌の再生を促進、お肌のハリが戻り、ほうれい線や目もとなどのしわ・たるみが解消されます。

このリフトは、女性誌『美・STORY=美ST』9月号特集「ソウルには美女の秘密があふれている」で、腫れや内出血が出にくく、治療後そのまま買い物に行けるからという理由で、“ショッピングスレッドリフト”と、命名されました。

----------

顔のたるみ取り術[シルエットリフト]

シルエットリフトとは画期的で新しい構造の特殊な糸により、メスを使わずたるみを引き上げるリフトアップ術です。医療用の縫合糸として広く用いられている安全な非吸収性ポリプロピレン糸に、吸収性の「コーン」と呼ばれる円錐状の生体分解ポリマーによって皮下組織を引き上げるため、リフトアップ効果に優れています。

----------

シルエットリフトの特徴

従来の糸

従来のリフトアップ用の糸は、糸に切れ目をつけて棘状の「返し」をつくり、その返しでたるみ(皮下組織)を引き上げます。


シルエットリフト

シルエットリフトは、吸収性の円錐状の立体「コーン」を用いています。皮下組織を360°リフティングすることが可能なため、引き上げ効果が大幅にアップしています。コーンが吸収された後糸のノット(結び目)の周りにコラーゲンの増殖が期待できます。


1.コーンがリフト効果を増強

シルエットリフトの糸には、吸収性(体内で溶けてなくなる)の、やわらかいコーン型の支えが取り付けてあるため、少ない本数の糸で、より広範囲の、強く長持ちする引き上げ効果が得られます。コーンは約8?10ヶ月で体内に吸収されますが、吸収されてしまった後は、糸の周囲に新生した組織が、細かく並んだ結び目の周りにしっかりとくっついており、リフト効果を維持します。


2.コラーゲン生成と肌再生による若返り効果

さらに糸の先端についた縫合針で糸を筋膜に固定し、効果の維持と安定性を高めます。施術後 3週間程度すると、お肌の皮下脂肪層に細かいコラーゲンのトンネルが形成され始め、糸の周囲を強固に支え、若返り効果が持続します。また術後2?3ヶ月後にはリバイタライジング(肌再生)効果により、いっそう美しい仕上がりが期待されます。


3.切れ込みが無いので、裂けたり切れたりしにくい

この、シルエットリフトは、切れ込みを入れて作成した糸ではありません。千切れにくく、リフト効果が弱くなることがありません。


4.異物感がほとんどない

シルエットリフトの糸の断面は、完全に円形です。棘がないので、術後、いつまでもチクチクする感覚が続いたりしません。


5.皮下での移動がありません。

シルエットリフトの糸は、非常に細い規格の糸です。結び目が小さく、ゴロゴロしたりしません。


治療方法

こめかみ後方付近の髪の毛に隠れる部分を約3cm程切開し、頬の皮下にシルエットリフトを4本通します。4本の糸をちょうどよい位置に引き上げ、切開部分に存在する側頭筋腱膜にしっかりと縫合固定します。処置の時間は約1時間です。

----------

顔のたるみ取り術[フェイスリフト(SMAS式)]

シワやたるみがかなり進行している場合や、より大きな効果を求める場合には、SMAS(スマス)式フェイスリフトを行います。顔全体の広い範囲のシワやたるみを取る方法と、部分的に額や眉間など顔の上部のシワを取るものや、目の周りのシワ、たるみを取るリフト、アゴのラインのシワ、たるみを取るリフト、そして首の縦ジワを取るリフトも可能です。

SMASとは顔面の下にあって、顔面そのものを支えている薄い膜様の組織のことです。加齢とともに重力によってゆるんでしまったSMASを引き上げて、顔に緊張感を与えるのがこの手術の主な目的です。

----------

顔のたるみ取り術[フェイスリフト(SMAS式)]の手術方法

全身麻酔をかけ、耳の前辺りから耳の後ろ、後頭部の生え際付近まで切開します。
頬部皮下を剥離して表在性筋膜(SMAS)を露出させます。SMASを一部切除して縫い縮めます。
弛んだ皮下組織が引きあげられ、結果として頬の下垂が改善します。
SMASを引き上げた後、余分な皮膚の量が判明しますので、この余分な皮膚を切開線にそって切除し縫合します。
フェイスリフトの手術時間は、およそ3~4時間となります。

----------

術後経過

術後はおおよそ2週間のダウンタイムが必要になります。

手術後、3~6日で腫れがひき、1週間ほどで抜糸を行います。およそ2週間で、もとの状態に戻ります。麻酔がきれると軽度の痛みがありますが、これも1週間ほどで気にならなくなります。手術法によっては、日帰りが可能ですが、切開部分が大きい場合は術後の経過をみるために入院が必要です。

仕事の関係などで、術後の回復期間等が気になる人は、事前にご相談ください。

----------

顔のたるみ取り術[G-リフト]

G-リフトとは医療用ゴアテックスを皮下に挿入し、あご、首などの筋肉組織と皮膚を同時に引き上げるリフト術で、「糸」を用いるリフト術と違い、広い「面」で引き上げることができます。特に頬、頸部、口元のたるみに非常に有効的です。

およそ5年?6年の効果を実感して頂けることでしょう。(ただし効果には個人差があります。)

----------

顔のたるみ取り術[G-リフト]の手術方法

G-リフトは二段階の行程にて行います。1回目から2回目はおよそ1~2ヵ月期間を開けてからの手術となります。

まず、第一行程では、耳の後ろからのアプローチにより顎の方向に向かって、ゴアテックスシートを挿入します。

その後、第二行程では、挿入したゴアテックスが周りの組織と癒着した頃、およそ1?2ヵ月後に行います。挿入したゴアテックスを、耳の後方に引き上げる、それを高い位置で固定し、耳の前の皮膚も必要に応じて切除を致します。

※ゴアテックスとは人工血管にも使用されており、安全性も高く評価されています。

----------

術後経過

術術後3日間はテープ固定とフェイスバンドでの圧迫を行いますので外れないように注意して下さい。(術後経過によって固定期間に変動がある場合もあります。)
翌日より首から下の部分のシャワー浴は可能ですが、洗顔、メイクにおいては、3日目以降より可能となります。
7日目の抜糸後より入浴は可能になりますが、まだこの段階でも皮下出血斑やむくみがある場合は熱いお風呂や長湯はお控え下さい。
腫れにおいては、個人差がありますが術後3日目までがピークとなり、その後徐々に落ち着きますが、術後約7?10日間はぐらいは、浮腫んだ状態が続きます。また、術後1ヶ月は患部に負担をかけないように注意して下さい。
顔のマッサージ等は、術後1ヶ月は行わないように注意してください。

----------

料金表

シルエットリフト 溶けない糸 (両頬で8本使用) ¥485,000
シルエットリフト 溶ける糸 (両頬で8本使用) ¥420,000
G-リフト
(あごのラインのリフトアップ)
¥540,000
フェイスリフト
※麻酔科による全身麻酔、血液検査代金を含む)
フルフェイスリフト ¥1,250,000
----------
お問い合わせ


通常より¥2,000OFF

BNLS/MLM 小顔輪郭注射

キャンペーン中

二重(埋没・切開)