治療内容

二重・目の整形 涙袋形成

二重・目の整形

涙袋形成

このような方におすすめ

  • やさしい目元になりたい方
  • 女性らしい目元にしたい方
  • 目元をより魅力的にしたい方
  • 切らずに目元を大きくみせたい方

特徴

メスを使わず(切らず)に、ヒアルロン酸で目元をふっくらさせ若々しい印象にしたい方におすすめしている治療法です。笑った時にできる下まぶたのふくらみを涙袋(涙堂)と呼びます。眼輪筋という筋肉が収縮することで形成されますが、この部分がしっかりあると、目が大きく見えます。

この膨らみがあると、キュートな笑顔のチャームポイントになるので、優しい・女性らしい印象を人に与えます。そのためアイドルやモデルなどの多くが涙袋を持っており、それに憧れる女性が”手軽に受けられる治療”として「ヒアルロン酸注入」による涙袋形成を受けます。

治療のポイント

治療時間が5~10分程で短い

目の下にヒアルロン酸を注入する時間がわずか、5~10分で終了。

ダウンタイムが殆どない

注入後、お化粧直しがすぐに可能です。

安全性の髙いヒアルロン酸を使用

ヒアルロン酸は人間の体内にも存在する成分で、アレルギーが少なく、安全性が確立されております。

涙袋形成に最適な柔らかいタイプのヒアルロン酸を注入します。ヒアルロン酸は、半年から1年かけて徐々に吸収されていきますので、定期的な注入をすることでボリュームを維持することができます。

治療の詳細

所要時間 両目で約10分程度
治療回数 1回
痛み 治療前の麻酔が一瞬チクッとしますが、治療中は痛みを感じることはありません。
腫れ ほとんどありません。(個人差によります)
麻酔 目の下に塗布タイプの表面麻酔を塗ります。
傷跡 注射なので傷は残りません。ただ注射直後、稀に肌に赤みや腫れが見られることがあります。(個人差によります)
通院 不用です。
洗顔・メイク お化粧・洗顔は当日から可能です。
シャワー・入浴 当日より入浴・洗髪が可能です。
熱いお風呂や長湯は皮下出血やむくみが強く出る可能性があるので症状がある間はお控えください。
アフターケア 処置部位に赤みがある場合は無理にこすらず洗い流すようにしてください。
注意事項 注入後~2日間程は、液が他の部位に拡散する恐れがありますのでマッサージをしないでください。注入後1週間の飲酒は避けてください。
副作用・リスク 注入前に皮内テストを行います。その反応によっては、ヒアルロン酸注入を行えない場合がございます。

院長メッセージ

当院院長の曾我部 浩

涙袋形成とは涙堂と呼ばれる下睫毛の直下の部分のボリュームを増やす施術で、比較的粘調度の低い(柔らかい)ヒアルロン酸を使用します。
通常、この涙堂は笑っていない時には出現しません。笑った時に下瞼の皮膚が押し上げられ、下瞼板前方部の眼輪筋の存在が顕在化することで膨らみが出現するのです。
昨今、この部を膨らませる「涙袋(涙堂)形成」を希望する方がとにかく増えています。若手の人気のある女性タレントさんたちが明らかにヒアルロン酸を入れて涙袋を「巨大化」させているのをよく見かけますがその影響だと思われます。誰がどう見ても「異常」に大きくなった不思議な涙袋でも、タレントさんがやっていることなら、それがいわゆる「ファッション=流行」になってしまうってことでしょうか。僕的にはこの部にヒアルロン酸を注入して、笑っていない時でも涙堂部を顕在化させることは、解剖学的にも美意識的にも疑問を感じずには居られないのです。しかし笑った時に出現する涙袋は笑顔120%って感じで、とても愛らしい目元になるとは思います。

僕はこの涙袋形成で来院された方々に、カウンセリング時にお伝えしていることが3点あります。

①入れ過ぎると不自然に見える
笑った時に程よく出現する涙袋を目指しましょう。笑ってない時に涙袋が明らかに存在すると、むしろ腫れているように見えるので不自然です。さらに、ヒアルロン酸は透明なジェルなので入れ過ぎると不自然な「透け感(浮腫を起こしているような)」が増します。でもどうやらこの「透け感」が涙袋形成を希望する方々には好評みたいなので、僕との美意識のズレを毎回実感するわけですが…。

② もともと下瞼のボリュームが多い人=やや奥目に見える人は、涙袋形成はしない方が良い
奥目に見える人は下瞼のボリュームの多い人なのですが、こういった解剖学的形態の下瞼には、涙袋形成はあまり良い適応ではありません。下瞼のボリュームが多いとヒアルロン酸を涙堂部に注入しても涙堂が明瞭に出現せず、だからと言って多く入れれば入れるほど奥目感が増してしまうのです。

③ 自分に似合わないと感じたら、さっさと溶かしましょう

以上のように、涙袋は入れ過ぎると不自然ですし、解剖学的形態によっては入れても効果が薄い人もいるのです。先ずは、笑っていない時に既に顕在化している涙袋は不自然であるという認識を持つことが大事です。なぜ多くの若い女性はヒアルロン酸で途轍も無く巨大化させた涙袋に憧れるんですかね。僕の美意識では理解し難いです。でも注入してから「自分には全然似合わない」って冷静な評価ができる人も多いのも事実で、その場合はヒアルロニダーゼで早く溶かしてしまうのが賢明でしょう。

涙袋(涙堂)形成は、受けられる前にご自身の下瞼の状態をしっかり観察して、膨らんだ状態を冷静に評価してから受けられることを強くお勧めします。その辺りがご自身で分からなければカウンセリング時に適応があるかどうか含めて詳しくご説明しますのでお気軽にご相談ください。

治療の流れ

1.徹底したカウンセリング

ご希望の目元のイメージをお話ください。
カウンセリングでは医師が目元を観察、診察し、その人の目元で可能な治療を提案します。当日注入ご希望の場合は、メイクオフ後、アレルギーテストを行います。

2.麻酔

まぶたに塗布タイプの表面麻酔を塗ります。
※注射の麻酔量を少なくすることで、処置後のむくみを最小限にすることができます。処置中の痛みはありません。

3.治療

アレルギーテストの反応で問題がなければ、ヒアルロン酸を適量注入します。時間は、両目でわずか約10分程度です。
心安らぐ音楽が流れ、少し緊張している方にもリラックスして受けていただける空間になっております。

4.アフターケア

お化粧・洗顔は当日から可能です。
入浴も当日から可能となりますが、皮下出血やむくみが強く出る可能性がある間はお控えください。処置部位に赤みがある場合は無理にこすらず洗い流すようにしてください。

治療料金

涙袋形成 10分 両目 ¥50,000 
(税込 ¥55,000)

※片目のみ手術をご希望の場合、両目手術の6割負担となります。

カウンセリング料 ¥3,000 
(税込 ¥3,300)

当院ではカウンセリングに重点をおき、患者様のお悩みをお聞きしたうえで、最適な治療法、治療詳細、リスクなど、しっかりと時間をかけてお話させていただいております。そのためカウンセリングが有料となっておりますが、何卒ご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

Q&A

アレルギーの心配はありませんか?

ヒアルロン酸は体の中に存在する物質で多糖類の一種ですので、安全性に優れております。注入前に皮内テストを行いますので安心です。

注入後、洗顔やお化粧はいつ頃からできますか?

注入当日から洗顔、入浴、メイクが可能です。注入の注射痕が生じる場合がございますが、お化粧で隠せる程度のものです。

何回も注入しても問題はないですか?

注入物は徐々に吸収されていくので、減ったとお感じになられた時点で再注入は可能です。

二重・目の整形
目元の若返り治療
顔の若返り
鼻治療
唇・耳
輪郭形成術
美肌・スキンケア治療
痩身治療
ワキガ・多汗症治療
ドクターズコスメ

当院は医療広告ガイドラインを遵守し、
医師監修のもと掲載しております。

page up