Renaissance Cosmetic Surgery

肌再生FGF注入療法 くぼみ目

ルネッサンス美容外科医院では、FGF(線維芽細胞成長因子)を利用した安全性・確実性の高いくぼみ目治療を行っています。
くぼみ目は、老け顔に見られる大きな要素のひとつです。
簡単な治療で、目もとが若々しくなります。処置はわずか10分程度で終了し、痛みはありません。従来の脂肪注入治療法に替わる、画期的な治療法です。

アンチエイジング 顔の若返り術 メスを使わない、切らないしわ治療FGF注入療法 [くぼみ目/目の下] 豆知識

くぼみ目とは・・・

右の写真のように、上まぶたが落ち込んでしまっている状態のことを言います。「上まぶたのくぼみ」が強くなると、いわゆる「老け顔」になり、実年齢以上に老けて見られます。歳をとってくぼんでくる人もいれば、若くてもくぼんでいる人も非常に多いので、ご相談の多い治療の一つです。

くぼみが強いと解剖学的に眼窩(頭蓋骨でいうと眼球が収納されているくぼみの部分)の上外側付近の縁(眉尻付近の突出している部分の骨)が際立って見えてくるので、疲れているように見えたり、老けて見えるのです。この「くぼみ目」を治すだけで、目もとの印象は若々しくなります。くぼみが改善するだけで、今までより5歳から10歳程度若く見られるというのは、決して大げさな表現ではないのです。

ルネッサンスでは、「くぼみ目治療」は目もとの若返りの重要な治療のひとつであると考えています。

くぼみ目の原因とは?

上まぶたの脂肪組織は眼窩隔膜を境に二つに分けられます。
眼窩隔膜より前方の「隔膜前脂肪」と隔膜より後方の「眼窩脂肪」です。
くぼみが強い人は、この両方の脂肪とも少ないことが多いようです。
したがって、くぼみ目改善にはこの両者の脂肪を均一に増加、増幅することが必要となります。
またくぼみ目の人には、上まぶたが開きにくい症状を呈する「眼瞼下垂」を併せ持っていることがありますが、この場合は上眼瞼挙筋腱膜前転術などによる「眼瞼下垂治療」と同時にくぼみ目治療を行うことを推奨する場合もあります。

くぼみ目治療法とは?

上まぶたの治療法として代表的なものに、「上眼瞼脂肪注入」があります。実際、今でも多くの美容クリニックで行われている治療法です。体の一部の脂肪を専用カニューレで粉砕・吸引し、その採取された脂肪を注射器に移し替え、上まぶたに注入する方法です。当院でも長らくこの方法を採用していましたが、やはり問題点はあります。

  1. 注入した脂肪の生着率には個人差がある。
  2. さらに施術する医師の手技の練達度によっても、その脂肪の生着率は変化する。
  3. 脂肪を注入移植するために、からだの他の部位の脂肪を吸引する必要があるが、厳密には細菌混入「contamination」を防ぐことはできないので、術後早期の問題として感染を併発することがある。その場合脂肪の生着率は限りなく「ゼロ」になる。
  4. 注入した脂肪は、もとにあった脂肪のように厳密な意味では「均一」に入れることは不可能であり、症例によっては上まぶたを押さえると「小さな塊」としてふれることがある。
  5. 注入脂肪の生着率を考慮すると、ある程度の「過剰修正(over-correction)」が必要となるため、しばらくはむしろ「腫れぼったい」状態が続くので、ダウンタイムが必要である。

当院では現在では前記の問題点から、「くぼみ目治療に対する上眼瞼脂肪注入」は第一選択の治療としては推奨していません。

ルネッサンスのくぼみ目治療(肌再生FGF注入療法)とは・・

「Basic Fibroblast Growth Factor=塩基性線維芽細胞成長因子」のことで、もともと人体に存在するタンパク質であり、創傷治癒過程において血管新生や細胞増殖の鍵となる物質です。FGFを隔膜前脂肪層と眼窩脂肪層に注入することで、均等な脂肪細胞増殖が行われ、脂肪注入治療と比較して、より自然にくぼみ目が改善するのです。

当院では、「肌再生FGF (線維芽細胞成長因子) 注入療法」によるくぼみ目の治療を行っています。

「FGF注入療法によるくぼみ目治療」により回復した上眼瞼のボリュームは、ヒアルロン酸のように無くなりません。当院の臨床経験では数年後でも良好なボリュームを維持できています。もちろん、その経過の途中に急激な体重減少等を来していないということは必要ですが、注入した部位は、「脂肪注入治療」のように硬く触れるところもありませんし、非常に自然な感じになっています。基本的には一度で、「上まぶたのくぼみ」という悩みは解消しますので、2回目の注入は必要ないと考えています。ただ、ご本人の希望でもっとボリュームをつけたいという人には、4週間以降には2回目の治療は可能ではありますので、その際はご相談ください。ただ実際、ほぼその必要性はありません。

あなたの美しい目もとを創るルネッサンス美容外科医院にご相談ください。

078-862-6500

治療の内容や費用は?少しでも気になることや聞いてみたいことは、ルネッサンスのコンシェルジュがお応え致しますので、お気軽にお問い合わせください。
ご予約については、お客様のご都合にあった日時をお取りできるよう最善を尽くしますので、お申し込みください。

施術の流れ

  1. カウンセリング

    ご希望の目元のイメージをお話ください。 カウンセリングでは医師がまぶたを観察、診察し、その人のまぶたで可能な施術を提案します。

  2. 治療

    (1)「FGF」の溶解液としての濃厚血小板血漿(PRP)を作成するために、少量の血液を採取します。
    (2)採取した血液を遠心分離し、濃厚血小板血漿(PRP)を作成する。
    (3)FGFを濃厚血小板血漿(PRP)に添加する。
    (4)上眼瞼に注入する。

    [所要時間]

    (1)から(3)までで約20分、(4)の注入に要する時間は10分です。

アフターケア

  • 注入当日より、シャワー・洗髪は可能です。翌日より、入浴は可能となりますが、治療部位に赤みがある場合は、無理にこすらず洗い流すようにしてください。
  • 注入当日は車・バイクなどの運転はご遠慮ください。
  • 注入当日の飲酒はご遠慮ください。
  • 注入箇所のマッサージを行ってください。
注入直後は、今までのくぼみが注入による血漿成分のボリュームにより改善しているように見えるため、少し腫れぼったい印象を受ける人が多いようですが、それほど気にされる人はいません。
その後、血漿成分自体は急速に吸収されるのですが、同時に血漿成分内のFGFにより脂肪組織増殖も並行するので、1週間後には注入直後のボリュームの70%程度くらいまで脂肪の容積が増加します。

院長の考え

安心で確実性の高い、メスを使わない若返り治療
くぼみ目治療(肌再生FGF注入療法)を推奨します。

院長:曾我部 コウ
  • プロフィール
  • 院長ブログ
  • FGF注入療法の豆知識

私の長い美容外科人生において日夜考えてきたことは、当院のコンセプトでもある「ハイレベルな施術の提供」ということ。
日進月歩で進化を遂げる美容医療の中でも、特にアンチエイジングの分野における技術向上は目覚ましく、美容医療の広告を目にするだけでも、様々な情報が氾濫しているのが現状です。
どの治療だと効果があるのだろう、果たして本当に希望通りになれるのか…数多くの治療に迷われる方も多いのではないでしょうか。

当院でも手術をはじめ、糸によるリフト治療、注入療法、最先端の機器を使った熱治療など、ご希望と症状に合わせ、一人ひとりに合った治療法をご提供させていただいておりますが、私のポリシーとして、効果を実感していただける治療を厳選してご提供していることを、ここに述べさせていただきたいと思います。

その推奨治療として今回挙げさせていただくのは、最先端の若返り治療である「肌再生FGF注入療法」です。
注入療法というと、まずみなさんが思い浮かべるのは「ヒアルロン酸」かと思います。しかし、この「肌再生FGF注入療法」は、より安全、かつ高い効果を実感してできる極めて有効な治療法だと自信を持っています。
特にシワだけでなく、「くぼみ目」に対する効果は他の注入法とは比較にならず確かな症例実績を誇ります。

施術費用

くぼみ目治療
肌再生FGF(線維芽細胞増殖因子)注入療法

基本注入治療 ¥210,000

上まぶた治療
脂肪取り術

両目 ¥220,000

上まぶた治療
眼瞼下垂術

片目 ¥186,000~¥260,000

下まぶた治療
たるみ取り術

両目 ¥324,000

下まぶた治療
脂肪取り術

両目 ¥240,000

下まぶた治療
目の下のしわ注入 リデンシティー

1回 ¥36,500

下まぶた治療
目の下のしわ注入 肌再生FGF注入療法

基本注入料(4ccまで)¥210,000

プチ注入 [目尻]
ボトックス治療

1箇所 ¥36,500

※片目のみ手術をご希望の場合、両目手術の6割負担となります。

施術費用

よくある質問目元の若返り治療

腫れを早くひかせるために冷やした方がいいのですか?
手術後は患部を冷やしたり、圧迫することで血流が悪くなる為、何もせず様子を見て下さい。むくみがあると何か対処したいと考えてしまいますが、当院では腫れ止めも処方しておりますし、むくみは時間経過とともに必ず改善するものですのでご安心下さい。
遠方から来院する場合、手術当日のみの来院で大丈夫ですか?
手術後は、1週間後に抜糸を行いますので来院が必要です。基本的には1ヶ月後、3ヶ月後の経過観察の為来院をお願いしておりますが、やむを得ず来院が難しい場合1ヶ月以降に関しては、お電話で対応させて頂くので、経過を教えていただければと考えています。経過中にご心配なことは、お気軽にご相談ください。
片側ずつでも手術はできますか?
もちろん片目ずつでも手術は可能です。しかしラインの左右差が出ないように、初めに手術したお目もとの腫れやむくみが落ち着いてから、もう片側の手術を致しますので早くても1週間はおいていただいております。
その他の目元の若返り Q&Aのページ

あなたの美しい目もとを創るルネッサンス美容外科医院にご相談ください。

078-862-6500

治療の内容や費用は?少しでも気になることや聞いてみたいことは、ルネッサンスのコンシェルジュがお応え致しますので、お気軽にお問い合わせください。
ご予約については、お客様のご都合にあった日時をお取りできるよう最善を尽くしますので、お申し込みください。

目もと治療を検討されている方は、下記の施術も見られています