Renaissance Cosmetic Surgery

ルネッサンスの安心・安全の二重まぶた形成


経皮的二重埋没法 TA<トリプルエー>メソッド とは…

まぶたの裏から糸を通さない方法「Anterior Approach to Aponeurosis」、略してAAA「トリプルA」メソッドは、一般的な埋没法で問題となることがある「結膜側への糸の露出による眼球の痛みや充血などのトラブル」を解決する為に考案された埋没法です。

院長:曾我部 コウ

結膜側への糸の露出は、結膜側から糸を通す限りある意味不可避的な問題かもしれません。糸が切れたり、まぶたが痩せてくることにより糸の遊びの部分が多くなると、結膜内に潜り込むための力が失われるので、糸が出てきやすくなるのです。この可能性を極力回避するためには、結膜側から糸を刺入しないことが大事です。当院のトリプルAメソッドは、皮膚側から糸を刺入して挙筋腱膜に糸をかけることによって、結膜側からの糸の露出を防ぐことができるのです。他院で既に何度か「瞼板法」での処置既往歴がある方には特におすすめしたい処置方法です。

ルネッサンスTAメソッド・術式の特徴

トリプルA(TA)メソッドは、本来の二重と同じ構造にする為に、糸をループ状にかけて再現します。開眼時には糸によりまぶたの皮膚が引き込まれ二重のラインが形成され、また閉眼時には、この糸に余分な力は加わらず、常に糸に力が加わっていない事で、糸がまぶたの奥に沈み込みにくい為、瞼板法と比べ腫れも少ないのが特徴です。また通常の埋没法では、必ずまぶたの裏の結膜面から糸を通します。この糸は結膜粘膜直下の浅いところを走行しますので、糸が切れたり緩んでしまった時などは粘膜から露出してしまうのです。この場合、充血や痛みなどの眼球に対する症状が出てくる可能性があります。また露出している糸を通じて細菌がまぶたに入り込み炎症を起こし、まぶた全体が強く腫れてしまうこともあります。

他院手術後の相談例→



ルネッサンスのR-MTメソッドによる埋没法でも、このリスクを避けるため結膜粘膜での糸の処理は、糸が露出しにくい処理を採用していますが、TA(トリプルA)メソッドにおいては、表側(皮膚側)から糸を通して挙筋腱膜に糸をかけるので、長期的観点でも糸がまぶたの裏から露出する事もなく眼球に対するトラブルが理論的にはゼロになります。

あなたの美しい目もとを創るルネッサンス美容外科医院にご相談ください。

078-862-6500

治療の内容や費用は?少しでも気になることや聞いてみたいことは、ルネッサンスのコンシェルジュがお応え致しますので、お気軽にお問い合わせください。
ご予約については、お客様のご都合にあった日時をお取りできるよう最善を尽くしますので、お申し込みください。

ルネッサンスTAメソッドと一般的な埋没法との違い

  瞼板法(従来の方法) 挙筋法(TAメソッド)
手術法 瞼板に1~3箇所の糸を強く結び固定する。 上眼瞼挙筋の走行に沿って糸を固定する。
腫れ まぶたに強い力が加わるので一週間から2週間強めの腫れが続く。場合によっては切る手術より、圧迫され腫れる場合もある。 むくんだ程度の腫れが出るが、そのまま外出して頂ける程度である。(極稀であるが、その方の目の構造上強く腫れが出る場合もある。)
定着力 固定した糸に常に強い力が加わるため早期に元に戻ってしまう場合が多い。また数点での固定となるのでラインが不安定で消失率が高い。 より安定感のある線で固定する事ができ、筋肉に糸をかけるため目を閉じている時などは糸に力がかからないため従来の手術法より数倍定着力が高く消失しにくい。
安全性 直接角膜と接する部分からの固定となり、まぶたの裏側に糸が露出されているので、角膜を傷つけたり炎症の原因となる可能性があります。 まぶたの裏側に糸が露出しないので、非常に安全で眼球を傷つける心配がありません。

ルネッサンスの埋没法 3つのPOINT

  • POINT1

    自然な二重の仕上がりの秘訣

    目の開きの差、左右の眉毛の位置、目を開いた際の挙筋の観察を行いながら、狭め~広めの二重のラインを何度と鏡で確認しながら希望のラインをデザインしていきます。デザインは、坐位、臥位の状態でチェックしていくので、 お客様のご希望のライン、美しい二重に近づけることが出来ます。

  • POINT2

    極めて痛みが少ない秘訣

    手術時における痛みを最大限に緩和するために、ルネッサンス美容外科医院では多段階麻酔を行っております。 注射そのものの痛みに苦痛を感じる方も多く局所麻酔単独で行うよりも、塗布タイプの麻酔薬をまぶたに塗ること で、麻酔注射の際の皮膚への痛みは完全になくなります。まぶたの裏側の結膜側の麻酔は事前に点眼麻酔薬を使用 するので、結膜側への麻酔注射もほとんど痛みがありません。

  • POINT3

    術後の腫れ(ダウンタイム)が少ない秘訣

    手術が終わり次第鏡を見て頂いても「全然腫れていない」「他院で処置をしてものすごく腫れたけど本当にここでして良かった」というお喜びの声を多く頂き、全国各地や海外からもご来院される程、評判の高い処置です。二重埋没法の場合、従来の二重術に比べて腫れは1/4程度で2~ 3 日程で落ち着いてきます。( 個人差はあります) 。


施術の流れ

末広型 平行型
カウンセリング
ご希望の二重まぶたのイメージをお話ください。
あなたのご希望は「末広型」?「平行型」?
幅が広い二重がお好みでしょうか?
あるいは控え目な幅がいいでしょうか。
カウンセリングでは医師がまぶたを観察、診察し、その人のまぶたで作ることができる 二重をいろいろ提案します。ブジーという細い棒を使い、まぶたを押さえて二重を作り ます。これにより、さまざまな幅の二重のシミュレーションが可能です。その人のまぶ たの構造によっては(眼窩脂肪の量やもうこひだの発達の程度など)、作成可能な二重はある程度の制約がありますが、ご希望に配慮しながら二重の幅を決定します。
デザイン
カウンセリングでご希望の幅が決定したら、医師が最終的にデザインしマーキングしていきます。
その際、眼の開きの差、左右の眉毛の位置、開眼時の挙筋の観察を行い、ここからみなうデザインは坐位と臥位でチェックします。坐位と臥位でデザインを入念に行うことによりお客様のご希望のラインにより近づけることが出来ます。確認後、手術の準備をしていきます。
麻酔
まぶたの皮膚に塗布タイプの表面麻酔薬を塗ります。
さらに点眼麻酔をします。
そのあと、皮膚の表面とまぶたの裏側に麻酔をかけます。この時既に表面麻酔薬と点眼麻酔薬が効いているのでほぼ痛みはありません。
処置後のむくみを最小限にするため麻酔薬の量も必要最小限にしますが、
もちろん処置中の痛みはありませんのでご安心ください。
治療
麻酔がかかったのを確認し、手術を開始します。
手術にかかる時間は、両目で約15分程度で終了します。

アフターケア

埋没法
  • 多少の腫れが生じる場合がありますので、眼鏡やサングラス、帽子などをご持参頂くことをおすすめします。
    コンタクトレンズは当日から装着可能です。但し、違和感がある場合は2~3日外して様子をみてください。
  • 洗顔とメイクは当日から可能ですが、アイメイクは2~3日なるべく避け、1週間はまぶたを強くこすったりなさらないで下さい。
  • 処置後数日から約1週間は、二重の幅やラインが広く深く感じたり、左右の眼瞼挙筋(まぶたを開ける筋肉)の収縮力の違いにより、左右差を感じたりしますが時間の経過と共に自然になりますので、ご心配なさらないでください。

院長の考え

腫れ、痛みが極めて少ないルネッサンスの二重術を体感してください。

二重手術のひとつである埋没法は短時間で行える人気の高い治療法ですが、手術を行う医師の技術の差が明確に術後の腫れの程度に現れてしまう処置です。埋没法という手術法は本来腫れが極めて少ない方法です。ただし、腫れが少ないのは「上手な美容外科医が処置を行った場合」という注釈を付けるべきでしょう。実際どれだけの美容外科医を名乗る医師が合格点に足る埋没法ができているのでしょうか。初めて二重の手術を受けられる人、以前に他院で埋没法を受けられて予想以上に腫れて後悔した経験がある人・・ルネッサンス美容外科医院の埋没法を体感してみてください。きっとクオリティーの違いを実感されることでしょう。

院長:曾我部 コウ
  • プロフィール
  • 院長ブログ
  • 「二重まぶた形成治療はルネッサンスで」と言われる理由

安心・安定・安全性の高い
TA(トリプルA)メソッドを推奨します。

通常埋没法は、使用する糸を結膜側から糸を刺入します。このことは「瞼板法」でも「挙筋法」でも同様です。この糸は、年齢により上まぶたが痩せることで相対的に「ゆるみ」が生じます。また、糸は経年的に体内でもろくなって切れてしまうことがあります。
このように「ゆるんだ糸」は「切れた糸」はまぶたの裏から露出してくることがあります。この場合は、眼球に痛みを感じたり、充血してきたりします。
この問題点を解決するために当院ではR-MTメソッドをさらに改良し、まぶたの裏から糸を通さない方法「Anterior Approach to Aponeurosis method」=「トリプルAメソッド」を考案しました。この方法では、糸が「ゆるんだり」「切れたり」した際にでも、まぶたの裏から糸が出てくる心配がないので、極めて安全性が高い二重埋没法ということが言えます。
他院で埋没法を以前に受けられた経験がある人で、最近、目やにが多くなったり瞬き(まばたき)をするとまぶたの裏でコロコロする感じがある人は、糸が出て来ている可能性がありますので、遠慮なくご相談ください。

施術費用

ルネッサンスのスタンダード埋没法
R-MTメソッド

両目 ¥129,600

ルネッサンスの経皮的埋没法
TA(トリプルA)メソッド

両目 ¥149,600

短期間型二重埋没法
トライアル法

両目 ¥21,000 片目 ¥12,600

埋没法と切開法のハイブリッド術
Gメソッド

両目 ¥310,000

オリジナル小切開法
easy VOGUEメソッド

両目 ¥330,000 片目 ¥198,000

オリジナル二重切開法
VOGUEメソッド

両目 ¥432,000 片目 ¥259,200

蒙古ひだ切除 内眼角形成
目頭切開法

両目 ¥195,000

OPTION 治療
脱脂

両目 二重術料金+ ¥95,000 片目 二重術料金+ ¥57,000

※クレジットカード・医療費ローンでの分割払いをご希望の方はお問い合わせください。

施術費用

二重埋没法 よくある質問

何度も通院する事ができない場合、カウンセリング後当日に処置をお願いする事が可能でしょうか?
二重埋没法の場合は可能です。(その他の手術についてはお問い合わせください。)ほとんどの方がカウンセリングと処置を同日に受けられております。術後に関しても基本的には再診などの通院は必要ありません。ただし、手術後の経過などに関するご不安やご心配なども、最善のバックアップ体制、きめ細やかなアフターケアを行っております。
痛みが本当に弱いので手術が怖いのですが、麻酔や手術中の痛みは?
手術時における痛みを最大限に緩和するために、ルネッサンス美容外科医院では多段階麻酔を行っております。クリーム麻酔、点眼麻酔、そしてごく少量の局部麻酔で行っております。この麻酔方法で行った結果、まぶたを触られたり、軽く押さえられたりする感覚はありますが、ほとんど痛みを感じずに行うことが可能となりました。
埋没法の処置後はどれくらい腫れますか?術後どのぐらいで外に出れますか?
むくんだ程度の腫れが出ますが、そのまま外出して頂ける程度の腫れです。(個人差はありますが、その方の目の構造上強く腫れが出る場合もあります。)

あなたの美しい目もとを創るルネッサンス美容外科医院にご相談ください。

078-862-6500

治療の内容や費用は?少しでも気になることや聞いてみたいことは、ルネッサンスのコンシェルジュがお応え致しますので、お気軽にお問い合わせください。
ご予約については、お客様のご都合にあった日時をお取りできるよう最善を尽くしますので、お申し込みください。


TA<トリプルエー>メソッドを検討されている方は、下記の施術も見られています