Renaissance Cosmetic Surgery

ルネッサンスの安心・安全の二重まぶた形成

小切開による上まぶたの脂肪取りとは・・

上まぶたの腫れぼったさの改善と二重埋没法のラインを消失しにくくする効果があります。
二重埋没法と併せて行うこともできますので、ご希望のかたはご相談ください。

<上まぶたの腫れぼったさの解剖学的要因>

(1)隔膜前脂肪
(2)眼窩脂肪

これらの要因以外にも、皮膚や眼輪筋の厚みなども上まぶたの腫れぼったさの原因になりますが、この「小切開による上まぶたの脂肪取り」は、(2)の眼窩脂肪だけを減量する処置です。(1)の隔膜前脂肪を取ってさらにすっきりさせるためには通常切開を行う必要があります。

院長:曾我部 コウ

<早期に埋没法のラインが消失する方には>

「腫れぼったいまぶた」は「一般的なまぶた」に比べて、眼窩脂肪が眼窩隔膜を押し出すように下方まではみ出してきているので、二重埋没法の処置をしても二重のラインが折り畳まれにくく、二重の糸には常に皮膚が戻ろうとする余分な力が加わっているため早期に消えてしまうことが多いのです。

その為「腫れぼったいまぶた」の方の場合、ご希望であれば「小切開による上まぶたの脂肪取り」を行いますのでご相談ください。

通常、上まぶたの脂肪を切除する場合は、想定する二重のラインに沿って切開し、眼窩脂肪を切除することが多いのですが、1箇所、もしくは2箇所の数ミリ程度の小さな穴から眼窩脂肪を摘出することも可能です。この穴は非常に小さい為ほぼ痕を残さずに済みます。埋没法単独の場合より、腫れが強く出ることがあります。


施術の流れ <二重まぶた埋没法と小切開による上まぶたの脂肪取り>

末広型 平行型
カウンセリング
ご希望の二重まぶたのイメージをお話ください。
あなたのご希望は「末広型」?「平行型」?幅が広い二重がお好みでしょうか?
あるいは控え目な幅がいいでしょうか。
カウンセリングでは医師がまぶたを観察、診察し、その人のまぶたで作ることができる
二重をいろいろ提案します。ブジーという細い棒を使い、まぶたを押さえて二重を作り
ます。これにより、さまざまな幅の二重のシミュレーションが可能です。その人のまぶ
たの構造によっては(眼窩脂肪の量やもうこひだの発達の程度など)、作成可能な二重はある程度の制約がありますが、ご希望に配慮しながら二重の幅を決定します。
デザイン
カウンセリングでご希望の幅が決定したら、医師が最終的にデザインしマーキングしていきます。
その際、眼の開きの差、左右の眉毛の位置、開眼時の挙筋の観察を行い、ここからみなうデザインは坐位と臥位でチェックします。坐位と臥位でデザインを入念に行うことによりお客様のご希望のラインにより近づけることが出来ます。確認後、手術の準備をしていきます。
麻酔
まぶたの皮膚に塗布タイプの表面麻酔薬を塗ります。さらに点眼麻酔をします。
そのあと、皮膚の表面とまぶたの裏側に麻酔をかけます。この時既に表面麻酔薬と点眼麻酔薬が効いているのでほぼ痛みはありません。
処置後のむくみを最小限にするため麻酔薬の量も必要最小限にしますが、もちろん処置中の痛みはありませんのでご安心ください。
治療
麻酔がかかったのを確認し、手術を開始します。
手術にかかる時間は、両目で約60分程度で終了します。
再診
1週間目抜糸、1ヶ月目に術後経過を観察させて頂きますので、ご来院ください。

アフターケア

  • 多少の腫れが生じる場合がありますので、眼鏡やサングラス、帽子などをご持参頂くことをおすすめします。
    コンタクトレンズは当日から装着可能です。但し、違和感がある場合は2~3日外して様子をみてください。
  • 洗顔・目元以外のメイクは当日から可能ですが、1週間程度まぶたを強くこすったりなさらないでください。目元のメイクは1週間時の抜糸後から可能です。
  • 処置後数日から約1週間は、二重の幅やラインが広く深く感じたり、左右の眼瞼挙筋(まぶたを開ける筋肉)の収縮力の違いにより、左右差を感じたりしますが時間の経過と共に自然になりますので、ご心配なさらないでください。
  • 手術後1週間以降に抜糸にご来院ください。抜糸後、切開したラインはやや赤みを帯びていますので、紫外線予防をして色素沈着を起こさないように注意してください。

施術費用

Option Menu
小切開による上眼瞼
(上まぶた)の脂肪切除

埋没法施術費+ 両目 ¥220,000

※クレジットカード・医療費ローンでの分割払いをご希望の方はお問い合わせください。

二重埋没法 よくある質問

何度も通院する事ができない場合、カウンセリング後当日に処置をお願いする事が可能でしょうか?
二重埋没法の場合は可能です。(その他の手術についてはお問い合わせください。)ほとんどの方がカウンセリングと処置を同日に受けられております。術後に関しても基本的には再診などの通院は必要ありません。ただし、手術後の経過などに関するご不安やご心配なども、最善のバックアップ体制、きめ細やかなアフターケアを行っております。
痛みが本当に弱いので手術が怖いのですが、麻酔や手術中の痛みは?
手術時における痛みを最大限に緩和するために、ルネッサンス美容外科医院では多段階麻酔を行っております。クリーム麻酔、点眼麻酔、そしてごく少量の局部麻酔で行っております。この麻酔方法で行った結果、まぶたを触られたり、軽く押さえられたりする感覚はありますが、ほとんど痛みを感じずに行うことが可能となりました。
埋没法の処置後はどれくらい腫れますか?術後どのぐらいで外に出れますか?
むくんだ程度の腫れが出ますが、そのまま外出して頂ける程度の腫れです。(個人差はありますが、その方の目の構造上強く腫れが出る場合もあります。)

脱脂を検討されている方は、下記の施術も見られています