診療メニュー
その他

診療時間:11:00~21:00 最終受付 20:30
休診日 :不定休
※詳しくはお問い合わせください。

メールで相談・予約
診療メニュー
お問い合わせ

FGF組織再生療法(くぼみ目治療)

FGF組織再生療法
  1. 美容整形・美容外科
  2. > 若返り・アンチエイジング治療
  3. > FGF組織再生療法(くぼみ目治療)

———-

FGF組織再生療法とは?

FGFとは「Basic Fibroblast Growth Factor(塩基性線維芽細胞成長因子)」のことであり、もともと体内にあるタンパク質の一種で傷がなおっていく過程において、血管新生や細胞増殖の鍵となる物質です。
FGFをしわやくぼみに注入することにより、繊維芽細胞を再生させその皮下組織のボリュームが増えます。皮下組織のボリュームが増えることで、深いしわやくぼみを半永久的に改善させることが可能です。

———-

ヒアルロン酸との違いは?

FGF注入療法

FGF注入療法は、繊維芽細胞を増殖させあらゆる増殖因子を放出することで血管新生がおこり、皮膚組織を再生します。再生された皮膚組織は良質で健やかな自己組織である為、活発的にコラーゲンやエラスチンの生成を繰り返し、長期的な改善が可能で、一度増えた組織は減ることがありません。繰り返しの注入の必要がなく、そういう意味ではコストパフォーマンスが良いと言えます。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入は皮膚充填剤として、気になるしわやタルミを押し上げて即時に自然な若返りができるアンチエイジング治療法になります。
世界で20年以上の歴史のある安全な治療法で製品によりますが3ヶ月~1年持続します。
一定期間でなくなる安心感と患者様ニーズに合わせた細やかな若返りが実現できます。

———-

FGF組織再生療法の効果と注入回数

FGF注入療法は、くぼみ目や目の下のくま、口元やほうれい線に効果的な注入治療です。

注入直後は薬剤の水分により一時的に改善されたように見えますが、その後は一旦薬剤は吸収されます。そこから注入後1週間から10日経過すると、線維芽細胞を増殖させ皮膚組織を再生します。再生された皮膚組織は良質で健やかな自己組織である為、活発的にコラーゲンやエラスチンの生成を繰り返し、一度増えた組織は減ることがありませんので、長期的な改善が可能です。約2ヶ月経過すると、組織が安定しますので、再診をお願いしております。基本的には1度の注入で改善が可能ですが、個人差がありますので、深いシワやくぼみが強い場合は再注入が必要となる場合があります。

FGF組織再生療法の特徴、メリット・デメリット

FGFとはもともと体内にあるタンパク質の一種で傷がなおっていく過程において、血管新生や細胞増殖の鍵となる物質です。FGFをしわやくぼみに注入することにより、皮下組織のボリュームが増え、深いしわやくぼみを半永久的に改善させることが可能です。FGF組織再生療法による最大の利点は、自己組織の増加による改善であるため、反復して注入する必要が無いということです。あえてデメリットとして言えるのは、過剰な注入にならないよう、控えめに注入することにとどめている点です。

———-

くぼみ目とは?

右の写真のように、上まぶたが落ち込んでしまっている状態のことを言います。「上まぶたのくぼみ」が強くなると、いわゆる「老け顔」になり、実年齢以上に老けて見られます。歳をとってくぼんでくる人もいれば、若くてもくぼんでいる人も非常に多いので、ご相談の多い治療の一つです。
くぼみが強いと解剖学的に眼窩(頭蓋骨でいうと眼球が収納されているくぼみの部分)の上外側付近の縁(眉尻付近の突出している部分の骨)が際立って見えてくるので、疲れているように見えたり、老けて見えるのです。
この「くぼみ目」を治すだけで、目もとの印象は若々しくなります。くぼみが改善するだけで、今までより5歳から10歳程度若く見られるというのは、決して大げさな表現ではないのです。

ルネッサンスでは、「くぼみ目治療」は目もとの若返りの重要な治療のひとつであると考えています。

———-

くぼみ目の原因

加齢や遺伝的要因によって、上眼瞼の眼球上部に位置する「眼窩脂肪」「膈膜前組織」が減少することによって起こります。くぼみ目が進行するともともと二重まぶたの人でも、うまくラインが出なくなったり、ラインが乱れてしまったりします。くぼみ目改善にはこの両者の脂肪を均一に増加、増幅することが必要となります。
また、上まぶたが開きにくい症状を呈する「眼瞼下垂」を併せ持っていることがありますが、この場合は上眼瞼挙筋腱膜前転術などによる「眼瞼下垂治療」と同時にくぼみ目治療を行うことを推奨する場合もあります。

———-

くぼみ目の治療法

「くぼみ目」の治療は、FGFによる改善がもっとも有効だと考えます。
以前は脂肪注入しか方法はありませんでしたが、移植脂肪は本来の上眼瞼の柔らかさと異なり硬さがあるので、まぶたを触ると必ず異物感があります。また脂肪の生着の不均等により見た目に凹凸を形成することもあります。
また最近は、上まぶたにヒアルロン酸を注入する医師もいるようですが、注入後数週間後に出る遅延型アレルギーもあるので、個人的には賛成できません。またヒアルロン酸は吸収されてしまうので、そもそも根治治療にはなり得ません。
FGF組織再生療法では、自己組織を増やすことにより改善させる方法です。脂肪注入のような異物感はまったくありません。そしてヒアルロン酸のように無くなったりするものでもなく、長期的な面でもアレルギーの心配もなく安全な治療です。

———-

こんな方におすすめ

◆いつも疲れているように見られてしまう方
◆夕方になると目の上がくぼむ方
◆目の下のクマが気になる方
◆ほうれい線やマリオネットラインに深くはっきりしたシワが気になる方
◆頬のくぼみが気になる方
◆手の甲や首のシワが目立つようになってきた方

———-

ルネッサンスのFGF治療

年齢を重ねると共に色濃く現れる「肌の衰え」化粧ではごまかしきれないお肌のたるみ・しわ、実年齢よりも老けて見られる最大の要因。
中でも目もとのしわやくぼみ、口元やほうれい線のしわは加齢の影響を受けやすく、お化粧では隠す事ができない箇所でもあります。
ルネッサンスでは、素肌の奥に眠る甦生力や創傷治癒力(傷を治す力)に働きかけて、目元や口元、首などのしわやくぼみを改善する治療「FGF組織再生療法」をご提案します。

———-

ドクターメッセージ

FGFによる組織再生療法をし始めてからすでに10年以上が経過しました。

数多くの症例を長期間観察してきて、FGFによる治療は「極めて有効性安全性が高い」ということを改めて実感しています。特に「くぼみ目」「鼻唇溝(ほうれい線)」に対する治療の有効性は特筆に値します。
「くぼみ目」の治療においては、もはやFGFの治療以外は考えられない。くぼみ目の治療・改善は、以前は他部位からの脂肪移植しか方法がなかったが、この脂肪移植については、移植脂肪の生着率を予測することが困難であること、本来の組織との柔らかさの違いによるもこもこ感、生着部位のムラ等、不自然さを挙げればキリが無い。FGFによる改善効果を認知してる以上、はっきり言って「脂肪移植のメリットはゼロ」です。ヒアルロン酸注入についても、眼窩内に感染やアレルギーのリスクがあるものを充填することは、個人的には論外と言えます。長期間FGFによる組織再生の経過を観察して言えることは、「FGFによる組織増殖期間はせいぜい2週間程度である。」ということである。それは、長期間の観察で得られた事実であります。
処置後2週間後の経過と、処置後数年以上経過した時点での結果は、どの症例においても変わらない。つまり、FGFによる組織増殖は早期に完結してしまい、増殖し続けることは無いということ。この注入早期に増殖した組織が、ヒアルロン酸のように消失することはないので、その効果が継続するということで、別に組織がずっと増え続けることによって効果が維持されるわけではありません。

くぼみ目、ほうれい線や深いしわなどを気にされている方はぜひ「ルネッサンス美容外科医院」にご相談ください。

———-

施術の流れ

Step.1 お問い合わせ・ご予約

まずはお問い合わせ・ご予約フォームまたはお電話にてお問い合わせ・ご予約ください。

———-

Step.2 徹底したカウンセリング

お悩みをお気軽にご相談ください。
あなたはどの箇所のしわやくぼみが気になりますか?
カウンセリングでは医師が現在の状態を診察し、ご希望をお伺いしながら処置の適応、処置後のダウンタイム等きちんとお話をさせて頂きます。


———-

Step.3 麻酔

注入箇所に塗布タイプの表面麻酔薬を塗ります。処置室も心安らぐ音楽が流れ、少し緊張している方にもリラックスして受けて頂ける空間になっております。

———-

Step.4 治療

(1)ご希望の注入箇所に、マーキングしていきます。
(2)FGFを注入します。

[所要時間]
(1)から(2)までで約10分

麻酔がかかったのを確認し、FGFの処置を開始します。
処置にかかる時間は、わずか約5~10分程度です。 処置中の痛みはほとんどありませんし、 処置後に手鏡で仕上がりを確認して頂きますが、極めて腫れも少なく自然な仕上がりに驚かれるお客様が多くいらっしゃいます。

———-

アフターケア

◆注入当日より、入浴・洗髪が可能です。治療部位に赤みがある場合は、無理にこすらず洗い流すようにしてください。
◆注入当日は車・バイクなどの運転はご遠慮ください。
◆注入当日の飲酒はご遠慮ください。
◆注入箇所のマッサージを行ってください。
◆注入直後は、今までのくぼみが注入による血漿成分のボリュームにより改善しているように見えるため、少し腫れぼったい
印象を受ける人が多いようですが、それほど気にされる人はいません。

注入後、薬剤は急速に吸収されるのですが、同時にFGFにより脂肪組織が増えていくので、約1週間後には注入直後のボリュームの70%程度くらいまで脂肪の容積が増加します。

———-

よくあるご質問

Q.どれくらい効果が続きますか?

一度増えた線維芽細胞は体内に吸収されてなくなる事はありませんので、大きな体重変動などがない限り、その効果は半永久に持続します。


Q.ダウンタイムはありますか?

ほとんどございません。内出血が出ることがありますが、お化粧で隠せる程度ですので、ご安心ください。


Q.注入後は日常生活に制限はありますか? メイクはいつから可能ですか?

当日よりお化粧、洗顔、入浴は可能です。但し、熱いお風呂や長湯は皮下出血やむくみが強く出る可能性があるのでなるべくお控えください。処置部位に赤みがある場合は無理にこすらず洗い流すようにしてください。また注入当日は飲酒はお控えください。
お化粧は直後より可能です。


———-

FGF症例写真

神戸院
東京院
———-

料金表

くぼみ目 ¥230,000
目の下 ¥200,000
頬のくぼみ ¥200,000
鼻唇溝 ¥200,000
¥300,000
手の甲 ¥300,000
———-
お問い合わせ

若返り・アンチエイジング治療 施術一覧

———-

ご予約・ご相談 11:00~20:30
078-862-6500
03-6262-6875