Renaissance Cosmetic Surgery

  • ワキガとは
  • ワキガとは
  • ワキガとは
  • ワキガとは


院長の考え

院長:曾我部 コウ
  • プロフィール
  • 院長ブログ

ルネッサンス美容外科医院では、
他院で「わきが・多汗症手術」後の修正ご相談に応じます。

「わきが・多汗症手術」には様々な方法があります。それぞれの方法でのアポクリン汗腺・エクリン汗腺の除去率を把握して、その人に適切な治療法を選択しないと不十分な結果に終わります。

例えば、極めてにおいが強い人に「吸引法」や「超音波法」などの汗腺除去率が低い方法で治療を行ったとしても、満足できる結果にはならないはずです。また、たとえ剪除法のように汗腺除去率が高い方法を選択したとしても、雑な手術であれば汗腺の取り残しが多く、本来の効果を出せないこともあります。

このように「わきが・多汗症手術」における不満足な結果は、選択した手術法に問題がある場合もあれば、手術をする医師の技術的な問題によることもあるのです。

再手術における問題点は、皮下組織が硬くなっていることです。

すべての「わきが・多汗症手術」の基本作業は「皮下組織の剥離」「汗腺類の削除」この2点です。理想的な手術結果を得るためには、先ず適切な皮下組織層での均一な剥離が必要です。
汗腺類の削除に関してはそれぞれの手術で使用する削除器具により汗腺除去率が異なりますが、皮膚にダメージを与えないように皮膚裏面をむらなく掻爬(そうは)します。初めて手術の際は、皮下組織は柔らかいので先端が丸くなったカニューレ類でも簡単に剥離できます。そして比較的均一な層で剥離できます。皮下組織を均一に剥離できれば、ローラークランプ法やハイブリッドシェーバー法で効果的に汗腺類を除去できます。
しかし再手術となると、通常皮下組織は硬くなっていて、ローラークランプ法やハイブリッドシェーバー法では、十分な剥離ができません。
さらに剥離できたところでも剥離面が硬くなっているので、汗腺類の削除も行いにくいため、汗腺除去率は低下してしまいます。
このため、「わきが・多汗症手術」の再手術では、剪除法(切開法)で行うことが基本です。
剪除法(切開法) であれば、皮下組織が硬くなっていても対処が可能です。もちろん、ご希望により切開創が小さいローラークランプ法やハイブリッドシェーバー法を選択していただくこともできますが、再手術の場合これらの処置の本来の汗腺除去率より低下してしまうことをご了承ください。

他院で「わきが・多汗症手術」手術を受けた後のにおいがまだ気になる場合は、お気軽にご相談ください。

  • ワキガ・多汗症治療 剪除法(切開法)
  • ワキガ・多汗症治療 ハイブリッドシェーバー法
  • ワキガ・多汗症治療 ローラークランプ法
  • 多汗症治療 ボトックス汗止め注射
  • ワキガ・多汗症治療 他院修正

よくある相談例

このような症状でお困り・お悩みの方 自己診断チェックへ

料金

美容外科治療は経過管理が重要です。医師の指示に従ってください。また、手術後の経過などに関するご不安やご心配なども、最善のバックアップ体制、きめ細やかなアフターケアを行っております。

アフターケア

症状に応じて、その方にとって最良の方法と適正料金で行っております。
片側手術のみのご相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。

わきのニオイ、汗のお悩み ルネッサンス美容外科医院にご相談ください。

078-862-6500

治療の内容や費用は?少しでも気になることや聞いてみたいことは、ルネッサンスのコンシェルジュがお応え致しますので、お気軽にお問い合わせください。
ご予約については、お客様のご都合にあった日時をお取りできるよう最善を尽くしますので、お申し込みください。