Renaissance Cosmetic Surgery

痩身治療

実績と信頼のルネッサンス美容外科医院の脂肪除去術
「Body Sculputure(ボディスカルプチャー)」

院長の考え(診療方針)

脂肪吸引はバランスよくキレイに細くなってこそ意味があり、大切なのはたくさんの脂肪を取ることではなく、キレイに脂肪を残すかなのです。この方法は医師の多くの経験と豊かな技術、センスが要求されます。それで結果も決まるのです。美容外科手術は決して魔法ではありません。どんなに簡単な処置についても、腫れや傷が治る時間が必要であり、次の日にきれいになっているわけではありません。

脂肪吸引術についても同様です。脂肪を減らす治療には、メソセラピー(脂肪溶解注射)と脂肪吸引があります。脂肪溶解注射は、昨今マスコミで話題になっていますが、決して騒がれるほどの魔法」のような治療ではありません。

私はメソセラピー(脂肪溶解注射)を希望する人に対して、「あなたの目の前に、とても大きなプールがあると想像して下さい。あなたは自分の手にバケツを持っています。そのプールの水を減らすために、そのバケツを使って汲み出して下さい。たぶんとても大変でしょう。でも一杯汲み出すごとに、確実にプールの水は減ります。ただ、目に見えて減ったと思えるほどにするためには、かなり頑張って繰り返す必要があります。

メソセラピー(脂肪溶解注射)の1回の注射は、ある意味これと同じで1回ごとに少数の脂肪細胞は減っていきますが、目に見えて痩せたと実感するまでには、かなりの回数と時間と費用をかけることになるわけです。」と、このたとえ話をします。

一人の医療従事者として私はなぜこの治療が、あたかも「簡単ですごく効果がある!」ように取りあげられるのか全く理解できません。結果的にメソセラピーは、脂肪吸引以上の費用がかかることになるでしょうし、そこまで費用を投資したとしても、決して脂肪吸引ほどの効果は期待できないということを知っておく必要があります。基礎疾患がある人、例えば糖尿病の人や脳梗塞の治療で血小板凝集機能抑制薬を服用されている方は脂肪吸引はできませんが、「治療費と満足度」という観点から脂肪吸引術のほうが、はるかにコストパフォーマンスに優れている治療法と言えます。

脂肪吸引術とは

ルネッサンス美容外科は脂肪除去術に新しいコンセプト「BodySculputure(ボディスカルプチャー)」を提唱しています。Sculputure(スカルプチャー)とは「彫刻、彫刻する」という意味です。これは従来の「脂肪除去」という単に脂肪を取るという治療法ではできなかった「治療後の十分な効果」「仕上がりの美しさ」「治療の安全性」という従来の単なる「脂肪除去」では決して共存し得なかった3つの大切な要素を融合した画期的な処置方法です。脂肪除去術における3つの大切な要素(トリアス)、トリアスとはギリシャ語で三位一体という意味です。

吸引可能部位
吸引可能部位

テューメセント法とトリプルレイヤー法

テューメセント法

吸引前に、鎮痛効果や脂肪細胞をふやかす効果のある溶液を注入する方法です。溶液は、止血作用や麻酔効果を上げる働きを持つエピネフリンや局所麻酔剤のリドカインを大量の生理食塩水で薄めたものです。この方法によって、鎮痛効果と出血抑制効果の両方が可能になりました。また、脂肪組織が柔らかくなることで、吸引できる脂肪の量がも増え、微小血管などへのダメージも少なくなり、出血、腫れといった術後の合併症が軽減されるようにもなりました。液体を注入することで脂肪が取りやすく出血も最小限に抑えられますので、身体に優しく今現在では主流になっています。

【参考】ドライメソッド法について
ドライメソッド法は、脂肪層内に何も注入せずに脂肪を取る方法です。脂肪層内に余剰な液体を入れたら、本来の脂肪の厚さを認識できないためデザインが正確に出来ないという問題があると言われていますが、直接アプローチする事で多量の出血を伴うので、結局脂肪層内の状態にほとんど変わりはないのです。また患者様の負担を考えても、一度にたくさんの脂肪を取ることは不可能です。さらに組織自体を傷付ける可能性もありますので、当院では行いません。

トリプルレイヤー法

トリプルレイヤー法は、筋肉と脂肪の厚さ、骨格などを総合的に考えてボディデザインしていきます。筋肉の浅層脂肪、中間脂肪、深層脂肪を均一に取り除くので皮下脂肪は減ったけれど皮が弛んで凹凸になることはありません。もともと皮膚は伸縮性がありますので脂肪が少なくなると皮膚も縮みます。吸引可能な部分頬、顎、二の腕、腹部、太もも、お尻、などあらゆる部位にお応えできます。

脂肪吸引の流れと当院の特徴
  1. 吸引機に接続された直径2?3mmの吸引管(カニューレ)と呼ばれる先端に1?3ヶ所穴が開いた管を脂肪層に挿入します。
  2. 吸引機に接続されたカニューレの吸引圧で先端にある穴に脂肪組織が入り込む。
  3. 吸引機に接続されたカニューレ(吸引棒)を前後運動させることによって脂肪が削り取られます。
  4. 削り取られた脂肪が吸引され吸引機に入る。

当院では直径2ミリ?3ミリの48種類もあるカニューレを使い分けて丁寧に吸引しますので脂肪が均等に吸引されずに凹凸になる様な事はありません。また、当院ではカニューレを出し入れする時に皮膚を傷めないようにするためにスキンプロテクターを使用するため困難な部分からのアプローチを可能にしました。また、当院では細いカニューレを部位や層によって使い分け、安全でなめらかな仕上がりの脂肪吸引を行っています。

カニューレ挿入部位には必ずスキンプロテクターを使用して切開創の皮膚を保護します。脂肪吸引の手術はこの小さい切開創から2?3mmのカニューレという吸引器具を扇状に前後に移動させることにより脂肪を吸引するわけですが、この操作をひとつの切開創で数百?数千回行なう必要があります。

これによりもしスキンプロテクターをつけずに吸引を行なうとカニューレと皮膚がこすれることにより摩擦熱が発生し、熱傷(やけど)をおこします。その結果、切開部すべてに小さいが目立つ傷跡(赤く盛り上がる)が残ってしまいます。その為当院ではスキンプロテクターを全ての部位で使用することにより従来のように傷跡の目立たない箇所からの吸引を行う必要がなくなったため脂肪の取りこぼしが無くなり取りたい部分に直接アプローチすることが可能になりました。

超音波吸引法

超音波による作用によって脂肪細胞の破壊や細胞間の結合を緩めることで効率良い吸引を目的として利用されている方法です。従来のテューメセント法を基本として、「体内式」と「体外式」の2 種類の方法があり、それぞれに長所と短所があります。どんな脂肪吸引でも超音波を利用した方が良い結果が得られるというものではなく、必要に応じて利用することが大切です。

歴史的に見ると、過去に超音波脂肪吸引が話題になった事がありますがアメリカ・ヨーロッパを含め多くの形成外科医は超音波脂肪吸引と従来のテクニックを比較したうえで何ら変化が認められないという事がわかって以来、最近ではほぼ行われなくなっているのが現状です。

体内式超音波脂肪吸引

体内式のものは、外側にテフロンのカバーが付いたカニューレを使用し、それ自体が超音波を発生し、吸引しながら脂肪組織を同時に破壊していく。

《長所》
術中・術後の出血が少ない。術中・術後の痛み、腫れが少ない。吸引のムラが発生しにくい。

《短所》
カニューレの直径が太くなる。手術時間が長くなる。吸引した脂肪を注入に再利用できない。

体外式超音波脂肪吸引

体外式は、テューメセント法に従って溶液を注入後に超音波発生器を局部に当て、脂肪細胞が分離され注入箇所が柔らかくなった後に、従来の方法で脂肪吸引を行います。

《長所》
患者の不快感が少ない。術中・術後の痛み、腫れが少ない。吸引のムラが発生しにくい。吸引した脂肪を注入用に再利用できる。

《短所》
表皮に熱傷を起こす可能性がある。

参考:シリンジ法
電動ポンプではなく注射器の陰圧を利用して脂肪を吸引する方法である。豊胸手術などでの脂肪注入に容易に利用できるのが特徴です。浅い部分の脂肪吸引には向いていないとされ、深部が対象となります。1990年代に入ってアメリカで開発された方法ですが、現在まで主流な方法とはなっておらず、脂肪注入時に利用されることが多いようです。

食欲抑制剤(舌下スプレー)スリーF

スリーF