Renaissance Cosmetic Surgery

上まぶた治療 たるみ取りVOGUEメソッド

ルネッサンス美容外科医院では、症状に応じて上まぶたの解剖学的な特徴を理解した上で、処置方法をご提案致します。

ルネッサンスが多くの症例数を誇る理由

<このような症状でお困りの・お悩みの方>
・以前ははっきりした二重まぶただったのに、目の形が変わってきた
・目尻の皮膚の被さりが目立ってきたような感じがする
・疲れていないのに疲れたような印象を与えてしまう
・以前よりもまぶたが重い感じに見えてしまう

上記のように加齢と共に上まぶたのたるみの影響によって気になる症状は人それぞれです。
上まぶたのたるみ取りという処置は、「たるみの程度」「くぼみ目、眼瞼下垂などの合併因子の存在」「改善希望の程度」によって行う治療が全く異なります。
単にまぶたの皮膚を切るだけでは解決できないことが多いので、症状別によって適応する処置方法が異なります。以下のような要素を考慮しなければなりません。

一重まぶたの場合
軽度のたるみ
=二重シミュレーション用の器具(ブジー)を利用して、自然な感じの二重ができる。
中等~重度のたるみ
=二重シミュレーション用の器具(ブジー)を利用しても、自然な感じの二重ができない。
二重まぶたの場合
軽度のたるみ
=元々二重まぶたで重瞼線(二重のライン)がはっきりしている。目頭から目尻まで二重になっている。
中等のたるみ
=二重まぶたではあるが、重瞼線(二重のライン)がややあいまいになっている。
目頭付近はかろうじて二重であるが目尻の付近はかぶってきている。
重度のたるみ
=もともと二重まぶたではあるが、重瞼線 (二重のライン)はかなりあいまいになってきている。目頭から目尻まで全体的に皮膚が被さってきている。

症状別対処治療

  皮膚のみ切除を希望される方 二重まぶたを希望される方
軽度のたるみ 上まぶたの皮膚切除
※くぼみ目を併せ持っている場合→くぼみ目FGF注入療法を行う必要があります。
A「二重埋没法」により対処する。
B「上まぶたのたるみ取りVOGUE メソッド」により対処する。
中等度のたるみ B「上まぶたのたるみ取りVOGUE メソッド」により対処する。
※くぼみ目を併せ持っている場合→くぼみ目FGF注入療法を行う必要があります。
重度のたるみ
上まぶたの皮膚切除
一重まぶたの状態を維持するためには、ある程度はまぶたが目にかぶさっている状態を形成する必要があります。この場合、睫毛に近接する部位で上まぶたの皮膚切除を行う。
この際に、眼窩脂肪が多く腫れぼったさもたるみを強調する要因になっている場合は、「上まぶたの脂肪切除」も併せて行う。あるいは大きな効果は期待できないが、「眉毛下皮膚切除」を行う。
上まぶたのたるみ取りVOGUEメソッド
たるみを改善すると同時に、好みの幅の二重まぶたを作りたい場合にこの適応になります。
この場合は、目頭から目尻付近にかけてはっきりとしたきれいな重瞼線(二重のライン)が得られ、目もとが若々しい印象になります。上まぶたが腫れぼったい場合でも、手術の際に脂肪切除を同時に行いますのですっきりとしたまぶたになります。
しかし、上まぶたのくぼみが強い場合には、あらかじめ「肌再生FGF注入療法によるくぼみ目改善治療」を行う必要があります。

上まぶた治療 たるみ取り VOGUEメソッドとは…

VOGUE(Variable-length Orbital muscle(septum) Graft in Upper Eyelid)メソッドは、従来の切開法の概念と異なる視点から考案された切開法です。

院長:曾我部 コウ

美しい二重まぶたを形成する際に、不必要な組織はもちろん除去しますが、自然さを維持するために必要な組織は温存します。

さらに、本来の二重まぶたの構造(→<目もとのまめ知識>参照)に存在する「腱膜ー皮膚間の線維性連続構造」作成することで、手術中に二重のラインの引き込み度合いも適切に調整しながら処置を行うことで、わざとらしいラインの食い込み等が無く、自然なイメージの二重まぶたを作ることができます。他院での切開法術後ラインの引き込みが強すぎたり、閉眼時もライン周辺が陥没しているような場合の修正にもルネッサンスの切開法VOGUEメソッドは応用できます。

症状に応じて、VOGUEメソッドは3種類に分類しております。

◇瞼の脂肪が少ないタイプの方… VOGUE advance メソッド ¥450,000

◇瞼の脂肪が多いタイプの方… VOGUE メソッド ¥400,000

◇瞼のたるみが強いタイプの方… たるみ取りVOGUE メソッド ¥(未定)

上まぶた治療 たるみ取り VOGUE<ヴォーグ>メソッド・術式の特徴

皮膚の余剰がある場合はCO2レーザー切除することが多いですが、 瞼板前組織・隔膜前組織を切除し、まぶたのボリュームを適正化する。 “厚ぼったさ”の原因である眼窩脂肪の量が多い症例の場合は電気メスで止血しながら切除します。

ここがPOINT 術後の腫れが極めて少ない

眼輪筋と瞼板の間の組織も自然さを維持させるため、ある程度温存しますので従来の切開法と比べると比較的腫れの少ない切開法といえます。目安として、術後1週間目の抜糸時にはある程度腫れは落ち着いていることが多いです。

次に、挙筋腱膜をミューラー筋上で剥離し、下方に引き出し瞼板上縁に3カ所で固定します。
※その際の余剰の挙筋腱膜を皮膚~腱膜間のグラフトとして利用します。

ここがPOINT ラインの安定性が高い

挙筋腱膜の一部を前方に移動させ皮膚に固定するため、この部の接合が完成することにより消失しない二重まぶたが得られます。

皮膚へグラフトを仮固定し、二重ラインの引き込み具合を確認します。
※引き込み具合が強い場合は、グラフトの延長をするため腱膜にtransverse incision(横切開)を加え、短冊状にし前方にローテーションすることにより長さを確保し、皮膚と固定します。

ここがPOINT 自然で美しいライン

皮膚と挙筋腱膜の間にある程度のゆとりをもって連結させるので、二重のラインの引き込みに無理がなく、自然な仕上がりになります。

最後に切開口を丁寧に縫合します。縫合糸は白い糸なので、目を開けている時はほとんど目立ちません。


あなたの美しい目もとを創るルネッサンス美容外科医院にご相談ください。

078-862-6500

治療の内容や費用は?少しでも気になることや聞いてみたいことは、ルネッサンスのコンシェルジュがお応え致しますので、お気軽にお問い合わせください。
ご予約については、お客様のご都合にあった日時をお取りできるよう最善を尽くしますので、お申し込みください。

ルネッサンスの切開法 3つのPOINT

  • POINT1

    自然な二重の仕上がりの秘訣

    二重のデザインにはブジーを用います。 はじめに中央部でまつ毛から5~8mmの高さで瞼板に直角にブジーを当てます。目の開きの差、左右の眉毛の位置、目を開いた際の挙筋の観察を行いながら、狭め~広めの二重のラインを何度と鏡で確認しながら希望のラインをデザインしていきます。デザインは、坐位、臥位の状態でチェックしていくので、お客様のご希望のライン、美しい二重に近づけることが出来ます。

  • POINT2

    極めて痛みが少ない秘訣

    手術時における痛みを最大限に緩和するために、ルネッサンス美容外科医院では多段階麻酔を行っております。注射そのものの痛みに苦痛を感じる方も多く局所麻酔単独で行うよりも、塗布タイプの麻酔薬をまぶたに塗ることで、麻酔注射の際の皮膚への痛みは完全になくなります。
    まぶたの裏側の結膜側の麻酔は事前に点眼麻酔薬を使用するので、結膜側への麻酔注射もほとんど痛みがありません。

  • POINT3

    術後の腫れ(ダウンタイム)が少ない秘訣

    お客様の”美しさ”を創るため、最大限の手術を行い、 術後のライフスタイルを満足して過ごしていただけるよう、 高レベルの仕上がりをご提供いたします。
    二重切開法の場合、従来の二重術に比べて腫れは1/4程度で1~2週間程で落ち着いてきます。(個人差はあります)

施術の流れ

カウンセリング
ご希望の目もとのイメージをお話ください。
あなたのご希望は皮膚切除のみですか?それとも皮膚切除+二重をご希望でしょうか?
たるみ取りVOGUEメソッドの場合、カウンセリングでは医師がまぶたを観察、診察し、その人のまぶたで作ることができる二重をいろいろ提案します。ブジーという細い棒を使い、まぶたを押さえて二重を作ります。
これにより、さまざまな幅の二重のシミュレーションが可能です。その人のまぶたの構造によっては(眼窩脂肪の量やもうこひだの発達の程度など)、作成可能な二重はある程度の制約がりますが、ご希望に配慮しながら二重の幅を決定します。
デザイン
カウンセリングでご希望の幅が決定したら、医師が最終的にデザインしマーキングしていきます。
その際、眼の開きの差、左右の眉毛の位置、開眼時の挙筋の観察を行い、ここからみなうデザインは坐位と臥位でチェックします。坐位と臥位でデザインを入念に行うことによりお客様のご希望のラインにより近づけることが出来ます。確認後、手術の準備をしていきます。
麻酔
まぶたの皮膚に塗布タイプの表面麻酔薬を塗ります。さらに点眼麻酔をします。
そのあと、皮膚の表面とまぶたの裏側に麻酔をかけます。この時既に表面麻酔薬と点眼麻酔薬が効いているのでほぼ痛みはありません。
処置後のむくみを最小限にするため麻酔薬の量も必要最小限にしますが、もちろん処置中の痛みはありませんのでご安心ください。
治療
麻酔がかかったのを確認し、手術を開始します。
手術にかかる時間は、両目で約90分程度で終了します。
再診
1週間目抜糸、1ヶ月目に術後経過を観察させて頂きますので、ご来院ください。

アフターケア

<切開法>
  • 手術当日は眼鏡やサングラス、帽子などをご持参頂くことをおすすめします。
    コンタクトの場合は、当日から装着可能です。但し、浮腫等で装着時に違和感がある場合は2~3日外して様子をみてください。
  • 洗顔・目元以外のメイクは当日から可能ですが、1週間程度まぶたを強くこすったりなさらないでください。
    目元のメイクは1週間時の抜糸後から可能です。
  • 手術後1週間は飲酒はお控えください。
  • 入浴は、当日から可能ですが、熱いお風呂や長湯は皮下出血やむくみが強く出る可能性があるので症状がある間はお控えください。
  • 手術後1週間以降に抜糸にご来院ください。抜糸後、切開したラインはやや赤みを帯びていますので、紫外線予防をして色素沈着を起こさないように注意してください。

院長の考え

腫れ、痛みが極めて少ないルネッサンスの二重術を体感してください。

当院では上まぶたのたるみ取りにも基本的に切開式重瞼作成術であるVOGUE(ヴォーグ)メソッドを利用しています。
ある程度上まぶたの皮膚のたるみが強くなると、上まぶたのたるみ取りと言っても上まぶたの皮膚だけを切除して美しいまぶたを形成することは困難です。上まぶたの皮膚のたるみにより、本来の二重まぶたの位置も組織のゆるみにより下方に下垂し本来の位置よりずれてしまっているので、単純にたるみを取ったからといってひと昔前の二重まぶたにはもどれないのです。
僕は「皮膚のたるみ取りの手術」=「皮膚切除&新たな重瞼を形成すること」だと考えています。この「新たな重瞼」を形成する際に、「VOGUEメソッド」を利用するのです。

院長:曾我部 コウ
  • プロフィール
  • 院長ブログ
  • 「二重まぶた形成治療はルネッサンスで」と言われる理由

従来の二重切開法は、 眼輪筋下の組織を除去し瞼板と眼輪筋を癒着させて消失しにくいラインをつくるというものでした。また美容外科によっては、皮下の眼輪筋まで切除し、皮膚を直接瞼板と癒着をさせているところもあります。
このような方法では、閉眼時に二重のラインの上下で段差が生じたり、二重のラインの引き込みが強すぎて不自然な目もとになる可能性が多分にあります。また好むと好まざるとにかかわらず、二重切開法独特の画一的な「いかにも手術しました」的な目もとになってしまうことが多かったのです。

ルネッサンスの二重切開法である「VOGUEメソッド」では、腫れぼったい原因である眼窩脂肪等の組織量を調節しながら、本来の二重まぶたの構造のように上眼瞼挙筋腱膜と眼輪筋との間に自己組織による線維性連続構造を形成します。
また、手術中に二重のラインの引き込み度合いも適切に調節しながら処置を行うので、従来の切開法のようにわざとらしいラインの食い込みがなく、「自然な二重まぶた」をつくることができるようになったのです。 上まぶたのたるみ取りの場合、余剰な皮膚を切除したうえでメソッドにより二重を形成するこことでより美しい得ることが出来るのです。

施術費用

上まぶた治療
たるみ取りVOGUEメソッド

両目 (未定) 片目 (未定)

くぼみ目・目の下注入治療
肌再生FGF注入療法
くぼみ目/目の下のしわ注入

4cc 200,000

上まぶた脂肪取り術

両目 160,000 片目 96,000

眼瞼下垂術

片目 175,000~245,000

美容成分配合
ヒアルロン酸 目の下のしわ注入

1回 34,000

下まぶたたるみ取り術

両目 300,000 片目 194,400

下まぶた脂肪取り術

両目 240,000 片目 144,000

※クレジットカード・医療費ローンでの分割払いをご希望の方はお問い合わせください。

目もとの若返り治療 よくある質問

洗顔、入浴はいつからできますか?
手術当日から洗顔、入浴は可能です。 術後創部には血餅(けっぺい)ができ、濡れても水が入らないように栓がされますので、創部の治癒や美しさの為に、創部に痂皮(かさぶた)が付着した状態にならないように洗い流すようにして下さい。 ただし、熱いお風呂や長湯は皮下出血やむくみが強く出る可能性があるので症状がある間はお控えください。
手術後の痛みはありますか?
痛みの感じ方は人それぞれですので、手術後は痛み止めをお渡ししております。内服にて、痛みはそれほど感じることなく過ごして頂けるでしょう。
片側ずつでも手術はできますか?
もちろん片目ずつでも手術は可能です。しかしラインの左右差が出ないように、初めに手術したお目もとの腫れやむくみが落ち着いてからになりますので、早くても1週間はおいていただいております。

あなたの美しい目もとを創るルネッサンス美容外科医院にご相談ください。

078-862-6500

治療の内容や費用は?少しでも気になることや聞いてみたいことは、ルネッサンスのコンシェルジュがお応え致しますので、お気軽にお問い合わせください。
ご予約については、お客様のご都合にあった日時をお取りできるよう最善を尽くしますので、お申し込みください。

目もと治療を検討されている方は、下記の施術も見られています