診療メニュー
その他

診療時間:11:00~21:00 最終受付 20:30
休診日 :不定休
※詳しくはお問い合わせください。

メールで相談・予約
診療メニュー
お問い合わせ

眼瞼下垂

眼瞼下垂
  1. 美容整形・美容外科
  2. > 二重・二重整形
  3. > 目頭切開
  4. > 眼瞼下垂

FGF組織再生療法

眼瞼下垂とは?

眼瞼下垂とは、 顔を正面に向けた状態で眼を普通に開眼したとき、まぶたが瞳孔(黒目の部分)にかぶさった状態で、しっかりと上まで持ち上げられていない状態を言います。
メイクやアトピーなどでまぶたを擦るくせがある人、コンタクトレンズを長期間装用している人などは、加齢とともに挙筋腱膜と瞼板間が離れてしまうことにより、目を開けようとしても効果的に開瞼できない状態になりやすいのです。これを「腱膜性眼瞼下垂症」と言います。
眼が開きにくいので、無意識のうちに代償作用が働き、視野を確保しようとするために、眼瞼挙筋を過剰に働かせることで補ったり、眉を持ち挙げて眼を開けようとしたりしてしまいます。
こういった作用は日常的に行われてしまうため、額にシワが寄り、頭痛や肩こりの原因となり、なんとなくまぶたが重かったり、気がつけば悪化していたりすることも少なくありません。

———-

眼瞼下垂の原因による分類

神経性眼瞼下垂、筋性眼瞼下垂、腱膜性眼瞼下垂に分類されます。

神経性眼瞼下垂の原因は・・

神経性眼瞼下垂は動眼神経麻痺(脳梗塞、脳動脈瘤)が原因でまぶたが下がり、筋肉を動かす神経が故障しています。
治療法としては、内科的、脳外科的な疾患が原因とされてますので、そちらの治療が最優先となります。

筋性眼瞼下垂の原因は・・

筋性眼瞼下垂は重症筋無力症、筋強直性ジストロフィー、原因不明の発育異常が原因でまぶたが下がります。
上眼瞼挙筋とミューラー筋の動きが悪く、症状として複視になることもあります。
治療法をしては、内科的、脳外科的な疾患が原因とされてますので、そちらの治療が最優先となりますが、ボツリヌス注射で上眼瞼挙筋を筋弛緩や局所麻酔で上眼瞼挙筋を麻痺し治療することもあります。

腱膜性眼瞼下垂の原因は・・

腱膜性眼瞼下垂は、加齢の原因がほとんどであり、またまぶたを擦る(刺激、アトピー、花粉、コンタクトレンズ使用、化粧の拭き取り)ことで筋肉(上眼瞼挙筋)の末端部の腱膜が瞼板より外れ、伸びたりゆるんだりしてしまうことによりまぶたが下がります。治療方法は、挙筋短縮をし、目の見開きを高めるよう切開法手術が必要となります。

眼瞼下垂術・修正手術も多数行っており経験豊かな院長がカウンセリングから 手術まで、責任を持って行いますので、他院で満足のいく結果が出なかった方、 一度当院にてご相談下さいませ。

———-

眼瞼下垂と眼瞼下垂出でない方の違い

眼瞼下垂でない方は、開眼した時のまぶたが上がっており黒目が被さっていない状態を言います。
まぶたを持ち上げる筋肉には上眼瞼挙筋とミューラー筋があり、この働きによって目が開きます。眼瞼下垂とは、開眼した時のまぶたが黒目に被さった状態でまぶたが持ち上げれない状態を言います。
目を開眼すると同時に眉を持ち上げて額にしわを寄せているのが特徴と言えます。

———-

眼瞼下垂の体への影響

まぶたが黒目に被さっているため、視野が制限されます。
無意識に眉を挙上してまぶたを開こうとするためあるいは顎を挙上するため、額の筋肉である前頭筋を使用することで頭痛や肩こりの原因となります。
また腰痛、まぶたを開ける筋肉に過度な負担がかかるため眼精疲労を併発することがあります。見た目の症状としては眠たそうな目元となります。

———-

こんな人におすすめ

  • ・加齢などで上まぶたがたるみ、目が開けずらい方
  • ・眉を上げないと目が開きにくい方
  • ・皮膚や眼輪筋のたるみが強い方
  • ・まぶたが重い方
  • ・目が開けづらく、頭痛や肩こり等の症状が出ている方
  • ・眠たそうな目
  • ・額のシワが目立つ方
———-

院長メッセージ

ルネッサンス美容外科医院 院長の曾我部コウです。
上まぶたのたるみを医学的には「上眼瞼皮膚弛緩症」といいます。当院に来院する人の多くが、この単なる上まぶたのたるみのことを「眼瞼下垂症」と混同しています。
単なるまぶたのたるみと眼瞼下垂はまったく違います。つまり、どんなにまぶたの皮膚がたるんで視界を妨げるくらいに目の前に落ちて来たとしてもそれは眼瞼下垂とは言わないのでご注意ください。もちろん「まぶたのたるみ」と「眼瞼下垂」が共存している場合も多いことも事実です。
加齢により、表在組織のたるみと同時に、深層部にある「上眼瞼挙筋の力を瞼板に伝える役割を果たす腱膜」が瞼板から外れたり、緩んでしまうことがあるのです。この場合は「たるみの改善」と「眼瞼下垂治療」を併せて行う必要があります。眼瞼下垂の治療を行うだけでは、開瞼度が改善した分、余計ににまぶたの皮膚がかぶって来てしまうことになるからです。また加齢による組織弛緩で下がってきた組織自体が、開瞼運動の抵抗にもなるので、眼瞼下垂の治療に周辺弛緩組織の切除を同時に行い開瞼動作の負荷を軽減することは、極めて合理的であると言えます。


「二重まぶた形成治療はルネッサンスで」と言われる理由

たるみの程度が強い場合や眼窩脂肪が多い場合(反対に眼窩脂肪が少なく、窪んでいる場合なども)など、二重埋没法のみを上瞼除皺術として適用すると不自然な目もとになる場合が多くおすすめできません。たるみを含む眼窩周辺組織の衰え・弛み(attenuation)が進行しているほど、またその人の改善度合いに対する希望が大きいほど、必要となる処置の程度は複雑に、またダウンタイムも長くなるものなのです。
相談にお越しの際は、ご自身がどの程度の改善を希望しているのか言い換えれば「処置後どんな感じになりたいのか」をお伝えください。そこから、そのイメージに近づけるための処置方法を提案させて頂きます。



ルネッサンス美容外科院長 曾我部コウ
———-

術式の特徴

ここがPOINT 術後の腫れが極めて少ない

眼輪筋と瞼板の間の組織も自然さを維持させるため、ある程度温存しますので従来の切開法と比べると比較的腫れの少ない切開法といえます。目安として、術後1週間目の抜糸時にはある程度腫れは落ち着いていることが多いです。


次に、挙筋腱膜をミューラー筋上で剥離し、下方に引き出し瞼板上縁に3カ所で固定します。
※その際の余剰の挙筋腱膜を皮膚~腱膜間のグラフトとして利用します。


ここがPOINT ラインの安定性が高い

挙筋腱膜の一部を前方に移動させ皮膚に固定するため、この部の接合が完成することにより消失しない二重まぶたが得られます。


皮膚へグラフトを仮固定し、二重ラインの引き込み具合を確認します。
※引き込み具合が強い場合は、グラフトの延長をするため腱膜にtransverse incision(横切開)を加え、短冊状にし前方にローテーションすることにより長さを確保し、皮膚と固定します。


ここがPOINT 自然で美しいライン

皮膚と挙筋腱膜の間にある程度のゆとりをもって連結させるので、二重のラインの引き込みに無理がなく、自然な仕上がりになります。


最後に切開口を丁寧に縫合します。縫合糸は白い糸なので、目を開けている時はほとんど目立ちません。

———-

施術費用

→ 費用についてはこちらをご覧ください
———-
お問い合わせ
———-

二重・二重整形 施術一覧

眼瞼下垂とは、顔を正面に向けた状態で、眼を普通に開眼したとき、まぶたが瞳孔にかぶさって、しっかりと上まで持ち上げられていない状態を言います。生まれつき片方のまぶただけがしっかりと開かない、先天性眼瞼下垂がよく知られていますが、長時間のパソコンなどによる目の酷使や女性のメイク、アトピーなどから後天性の眼瞼下垂が増加。当院での眼瞼下垂の手術方法は、挙筋前転法にて、症状の度合いに併せて手術いたします。


ご予約・ご相談 11:00~20:30
078-862-6500
03-6262-6875