診療メニュー
その他
神戸院
東京院

診療時間:11:00~21:00 最終受付 20:30
休診日 :不定休
※詳しくはお問い合わせください。

メールで相談・予約
診療メニュー
お問い合わせ

二重まぶた埋没法

二重まぶた埋没法
  1. 美容整形・美容外科
  2. > 二重・二重整形
  3. > 二重まぶたトップ

二重まぶた埋没法

二重まぶた埋没法とは?

埋没法には「瞼板法」と「挙筋法」の2種類があります。
瞼板法は、「2点止め、3点止め」というように二重の線を点で止める方法です。
施術後の腫れや痛みも強く、また糸が瞼板(まぶたの裏側)の表面に出ているため、目を傷つける可能性もあります。
したがって当院では瞼板法による埋没法の施術は行っておりません。
挙筋法は、まぶたとまぶたを動かす筋肉に糸を通して糸の輪を作り、二重を形成します。
二重の線を点で止めるのではなく線で引き上げるので、目を開けた時だけ二重のラインができ、閉じた時に不自然なラインが出る事がありません。
本来の二重の構造をそのまま利用する方法なので、仕上がりも自然で綺麗なのです。

瞼板法(従来の方法) 挙筋法(ルネッサンスの埋没法)
手術法

瞼板に1~3箇所の糸を強く結び固定する。


上眼瞼挙筋の走行に沿って糸を固定する。
腫れ まぶたに強い力が加わるので一週間から2週間強めの腫れが続く。場合によっては切る手術より、圧迫され腫れる場合もある。 むくんだ程度の腫れが出るが、そのまま外出して頂ける程度である。(極稀であるが、その方の目の構造上強く腫れが出る場合もある。)
定着力 固定した糸に常に強い力が加わるため早期に元に戻ってしまう場合が多い。また数点での固定となるのでラインが不安定で消失率が高い。 より安定感のある線で固定する事ができ、筋肉に糸をかけるため目を閉じている時などは糸に力がかからないため従来の手術法より数倍定着力が高く消失しにくい。
安全性 直接角膜と接する部分からの固定となり、まぶたの裏側に糸が露出されているので、角膜を傷つけたり炎症の原因となる可能性があります。 まぶたの裏側に糸が露出しないので、非常に安全で眼球を傷つける心配がありません。
———-

ルネッサンスの埋没法

スタンダード二重埋没法 R-MTメソッド

◆一重、奥二重でアイプチなどで二重まぶたにしている方
◆ダウンタイムがなく二重にしたい方
◆将来的には切開法を検討しているが、今は仕事や学校の休みがなかなか確保できない方



経皮的二重埋没法 TAメソッド

◆他院で埋没の処置歴があり、糸による炎症やトラブルが起こってしまった事がある方
◆ダウンタイムがなく二重にしたい方
◆将来的には切開法を検討しているが、今は仕事や学校の休みがなかなか確保できない方

短期間型二重埋没法 トライアル法

◆将来的に切開法を検討しているので自分に似合うか、 一時的に二重まぶたをお試ししてみたい方

———-

こんな方におすすめ

◆アイプチなどで二重にしている方
◆お仕事が長期的にお休みできない方
◆他院で埋没法を受けたが二重が戻ってしまった方や結果に満足が出来ていない方

———-

施術の流れ

Step.1 お問い合わせ・ご予約

まずはお問い合わせ・ご予約フォームまたはお電話にてお問い合わせ・ご予約ください。

———-

Step.2 徹底したカウンセリング

ご希望の二重まぶたのイメージをお話ください。
あなたのご希望は、末広型?平行型?
カウンセリングではブジーという細い棒を使って、幅が広い二重や控えめ二重の幅などイメージに近い二重のシミュレーションが可能です。医師がまぶたを診察し、その人のまぶ たの構造によっては(脂肪の量や、蒙古ひだの発達の程度など)作成可能な二重はある程度の制約がありますが、ご希望をお伺いしながら処置の適応、処置後のダウンタイム等きちんとお話をさせて頂きます。


———-

Step.3 デザイン

カウンセリングでご希望の二重幅が決定したら、医師が最終的にデザインし、マーキングしていきます。
その際、目の見開きの差、左右の眉毛の位置、開眼時の挙筋の状態について診察を行います。デザインは座った状態と、横になった状態でチェックします。
デザインを入念に行うことにより、お客様のご希望のラインにより近づけることが出来ます。確認後、手術の準備をしていきます。

———-

Step.4 麻酔

ルネッサンスの多段階麻酔ではまず、まぶたに塗布タイプの表面麻酔を塗り、さらに目薬の点眼麻酔をします。最後に、皮膚の表面とまぶたの裏側に注射の麻酔をかけます。注射鉢も細いものを使用しますし、既に表面麻酔薬と点眼麻酔薬が効いているのでほぼ痛みはありません。
注射の麻酔量を少なくすることで、処置後のむくみを最小限にすることができます。もちろん処置中の痛みはありませんのでご安心ください。

———-

Step.5 治療

麻酔がかかったのを確認し、埋没法の処置を開始します。
処置にかかる時間は、両目でわずか約15分程度です。
処置後に手鏡で仕上がりを確認して頂きますが、極めて腫れが少なく自然な仕上がりに驚かれるお客様が多くいらっしゃいます。
また処置室も心安らぐ音楽が流れ、少し緊張している方にもリラックスして受けて頂ける空間になっております。

———-

よくあるご質問

Q.痛みに弱いのですが本当に痛くないのですか?

当院では処置の際における痛みを最小限に抑えるために、多段階麻酔を行っております。
目薬の麻酔、まぶたに塗る麻酔、最後にまぶたの裏側に注射の麻酔を行っております。注射の麻酔は少しチクッとしますが、処置中の痛みはほとんどございません。

痛がりさんでも「全然痛くなかった!」と皆様おっしゃられるので、ご安心下さい。


Q.長く休みを取れないのですが、処置後はどのくらい腫れますか?

個人差はありますが、泣いた後のむくみのような腫れが2~3日出る程度なので、翌日からお仕事や学校に行かれる方も多くいらっしゃいます。


Q.処置後に気をつけないといけない事はありますか?

洗顔・入浴・コンタクトレンズの装着・上まぶた以外のメイクは、処置当日より可能となっております。
うすいアイメイクは翌日から可能ですが、黒や茶色等の濃いアイシャドー、ウォータープルーフのマスカラやアイラインは、1週間お控え下さいませ。

また、血行が良くなりすぎると皮下出血がひどくなる可能性がございますので、長めの入浴や激しい運動、過度の飲酒等も1週間お控えいただいております。

Q.片側だけの処置も可能ですか?

可能です。左右差により片側のみの処置をされるお客様も多くいらっしゃいます。

———-

埋没法症例写真

Before

After

Before

After

Before

After

Before

After

Before

After

Before

After

Before

After

———-

お客様の声

———-

院長メッセージ

腫れ、痛みが極めて少ないルネッサンスの二重術を体感してください

ルネッサンス美容外科医院では、二重埋没法を処置方法によって大きく3つにクラス分けをしています。

1.トライアル法
2.R-MT(ルネッサンスマッスルトラクション)メソッド
3.TA(トリプルA)メソッド

3種類の埋没法の中でもR-MTメソッドは、当院が10年前に開設された当時から行われているスタンダードな二重埋没法です。
実はこの方法も、細かい点では常に改良され続けてきました。
使用する糸や針の種類、糸の結び目の埋め込み方法、まぶたの裏側の結膜面での糸の運針法など、おそらく6ヶ月毎ぐらいの頻度で処置方法を改善、改良してきました。
二重埋没法で常に考えないといけないことは、安全性と長期安定性だと考えます。安全面とは、糸が皮膚表面やまぶたの裏側の結膜面から露出してこないように、糸の縫い込み方法を工夫することであり、長期安定性とは二重のラインがなるべく長持ちするように工夫することです。
R-MTメソッドはこの点ではすでに円熟した処置方法と言えます。

R-MTメソッドをさらに発展させた処置方法であるTA(トリプルA)メソッドを考案しましたので、ご興味がある方はこちらもご覧ください。

ルネッサンス美容外科院長

ルネッサンス美容外科院長 曾我部コウ

———-

料金表

※片目のみ手術をご希望の場合、両目手術の6割負担となります。
———-
お問い合わせ
———-